Home > ネット・携帯
最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.22
    実話BUNKA超タブーVol.22

    ソフトバンクの正体/北朝鮮大研究/読売新聞は安倍政権の主張垂れ流す広報誌/現地ルポ韓国大統領選の狂乱醜態ほか

    コンビニ・書店で6/1発売 毎月1日発売 550円

  • 実話BUNKAタブー 2017年8月号
    実話BUNKAタブー

    8月号 痴漢冤罪から逃れる方法/長谷川豊が語るフジテレビ凋落本当の理由/韓国人の逆ギレ思考法中国人の自己中思考法 6/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 450円

グラビアギャラリー
ネット・携帯 2014.03.15(土)

創刊号でつぶれた雑誌がネットで蘇った?RAGE ZONBIE


ネット上に埋もれたサイトを紹介

出版業界だけでなじみがある「3号雑誌」という言葉がある。だいたい3号目が出る頃に、1号目の売上結果が出るため、そのへんで採算不採算の判断がつくということなのだが、いまやPOSレジが普及しているためすぐにデータの予想が出る。そのため「1号雑誌」になることもままあるらしい。今回紹介する「実話レイジ」は2012年に純粋な新創刊ではなく元アウトロー雑誌が改題し180度方針転換した雑誌だったが、1号であっという間に休刊となったのでよほどの休刊号マニアでないと知らないかもしれない。

テーマは「無関心を関心に変えろ!」。書店のみならずコンビニまで販路の広い雑誌で、脱原発や増税、TPPなども含めて強く扱ったものは当時ほとんどなかったので、(この雑誌が)どうなるのかごく一部では話題となった。
 特に幅広くPRを行ったわけではないため、残念なことに「無関心」に終わり結果は惨敗だったが、あとに表紙の山本太郎は国会議員となる。この雑誌での露出も、当選にある程度の影響はあったのかもしれない。

実話レイジ

山本議員の流れもあり、「早すぎた媒体」とも囁かれた「レイジ」。当時は東日本大震災の影響で一般の人たちの意識も様々に変わり始めていた時期ではあったのだが、メディアとして硬派すぎたかもしれない。同雑誌休刊後は、スタッフがしばらくツイッターだけで細々と復活を匂わせていたが、ついにゾンビとしてサイトになって蘇った。それが「RAGE ZONBIE」だ。

現状では記事数はあるもののまだ立ち上げ期。ブログ的な位置づけなのだろうか。問い合わせ先などが見当たらないが、とにかくこれから何かをやろうという気概は伝わってくるので、是非頑張っていただきたい。(ちなみにスタッフは独立しており、最初の雑誌を刊行していた会社は関わっていないので念のため)。

壇蜜や三条友美先生が登場するなど興味を引く記事もあり、イケそうな部分も十分ありますよ。

▼RAGE ZONBIEのサイトはこちら▼

(文・編集部I)





  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事



おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 








募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 TERAMAGAZINE 瀬名あゆむ アイドル ロマン優光 TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想 山口明 ローカルアイドル ロコドル 童貞 杉作J太郎 鋭すぎる競馬予想 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 新日本プロレス フジテレビ 韓国 中国
Powered by Vivvo CMS v4.6