Home > ネット・携帯
最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.23
    実話BUNKA超タブーVol.24

    加計学園汚れた正体/日本を侵食する韓国/人が死にやすい都道府県/地方都市が絶望的/ピスケン&石丸元章が潜入芸能人経営の店 ほか

    コンビニ・書店で8/1発売 通常毎月1日発売 550円

  • 実話BUNKAタブー 2017年10月号
    実話BUNKAタブー

    10月号 蓮舫や白鳳バッシングで日本人の醜悪さここに極まれり 日本は外国人差別が当たり前の国/災害リスクが高い都道府県/ペット業界の闇/2017年の流行りモノが全部残念/まずい冷やし中華 8/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 450円

グラビアギャラリー
ネット・携帯 2013.09.03(火)

ネットの中古マーケット高額出品と闇世界


 大手オークションサイトや、ネットモールの中古市場で、とんでもなくしょぼい商品がとてつもないない高額で売られているのを見たことがないだろうか。たとえば、どうでもいい安価な部品や本1冊に数十万円から数百万円の値付けがされているものだ。

「あんなの買えないし、買わないし…誰が買うんだろ? 価格設定はいたずら? お店側の入力ミス? いや、実はマニア向けのプレミアムがついた商品なら普通じゃない?」

 と思っているキミはまだまだ甘い。

 あの出品、ちゃーんと理由があるのだ。ちょっと前まで、「カードでお金」といった貼り紙やネット広告が出ていたのを覚えているだろうか。あれはクレジットカード会社の加盟店契約上違法だが、客のクレジットカードにより現金を作る買取り屋で、お金のほしい客が店舗の指定するお店に出むき、カードで購入した指定された物品を、何割か引いてお店が現金で買い取ってくれるということをしている(発覚するとカードの権利を剥奪されブラック入りするので使わないように)。あれがネットに進出してきたということなのだ。

 詳しい方法はここでは避けるが、いわゆるお店の指示によって、客が指定されたネットの店舗でその高額商品を買い、結果として現金を作るということだが、入金までの時間差もあるため主に顧客への現金化目的ではなく、お店関連のヤミ金に借金を抱える客の返済作業に使われているという。

 そのような異常に高い値付けの店舗が頻発しているのは明らかに問題だが、簡便に出店できるネット店舗の与信の甘さが原因だ。オークションの類はパトロールがされておりいきなりの高額出品や不自然すぎるものはIDごと削除されるようになっているが、有象無象のネットモールではまだ未対策のところも多い。また一見してプレミアム価格がついている商品との区別がつきづらいのも難点だ。

(文・糞袋)





  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事


おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 








募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 山口明 杉作J太郎 童貞 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 新日本プロレス アイドル フジテレビ 美しさ勉強講座 韓国 中国 オススメ 枡野浩一 ダイエット NHK ウンザリ
Powered by Vivvo CMS v4.6