Home > ネット・携帯

スマホ表示はこちら

月イチ連載・各隔週月曜

瀬名あゆむのアイドル革命!

南にこの千葉からアイドル革命

隔週火曜

鈴木詩子の痩せる飯

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

美しさ勉強講座

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.33
    実話BUNKA超タブーVol.33

    コンビニ・書店で5/1発売 通常毎月1日発売 550円

    オフィス北野は"たけし利権”のため"芸能界のドン"が作らせた!? ビートたけし独立騒動の真相/ニッポン売春の歴史/電通とアディダス暗躍でハリルホジッチ解任 日本サッカー界の闇/大谷翔平と国産メジャーリーガーアメリカで罵詈雑言だらけの現実/嘘つき総理安倍晋三 嘘まみれの半生/ラーメン二郎もっとも無愛想な店は?/情報バカを喰い物にする健康保険業界の裏/環境汚染大国韓国/首都圏民度低い路線/芸能人オ◯ペット番付/山健組総帥の座に… ほか

  • 実話BUNKAタブー 2018年7月号
    実話BUNKAタブー7月号

    5/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 480円

    TOKIO山口メンバー(元)女子高生淫行事件で激震 ジャニーズ帝国崩壊の真相/板門店宣言は韓国の無条件降伏だった/仲良くもないジジババに貴重な時間を奪われる町内会という地獄/韓国版ネトウヨ「クッポン」の醜悪差別っぷり/自衛隊にまつわる最低エピソード集/アラーキーのセクハラなんて生ぬるいエ□本業界の驚愕ハラスメント/事務所を独立した芸能人勝ち組負け組/OL座談会「わたしたちが絶対に◯◯◯したくない男」/世界の銃乱射事件大全 ほか

    ●当サイト連載杉作J太狼XE×ロマン優光の社会時評連載中! 今月のテーマは崎陽軒の弁当だけで3ページ! 必見!

グラビアギャラリー
ネット・携帯 2013.07.20(土)

kobo、Kindle「電子書籍」実質値引キャンペーン続出の裏事情

 


Amazonの「Kindle」は楽天「kobo」を無視できない

 楽天の電子書籍端末「kobo」は、最初の端末「kobo touch」発売時に若干の不備がありネット上に酷評が相次いだためか、楽天のサイトにレビューを掲載させないなどのユーザー無視の対策を行い出足では大きくつまづいたものの、その後も新端末を出し続け挽回、楽天らしいクーポンやポイントキャンペーンで安く電子書籍が買えるという一定の方向性がある端末シリーズになってきた。直近も「kobo」1周年記念と称して全品30%引きクーポンを配布するフェアが、7月21日AM9:59まで行なわれている。

 一方、世界でそれなりのシェアを取っているはずのAmazonの電子書籍端末「Kindle」シリーズだが、Amazon.co.jp内の電子書籍販売ページ「Kindleストア」でも7月18~19日ごろ、突然の30%ポイント還元が始まった。明らかな「kobo」対抗とおもわれる方策が取られている(期間限定で21日に終了した)。

 Amazonはその流通力から巨人とも言われるが、「Kindle」端末についてはまだまだシェアを圧倒的に引き離しているとは言い難く、今回のポイント還元は同社が楽天「kobo」をまだライバル視していることの表れであり、ある意味では焦りとも見える。

電子書籍が紙の本より安く買える、その理由とは

 ところでユーザーにとっては、これらライバル同士の対抗フェアがあると、どんどん安く電子書籍が買えるためますます歓迎すべきところだが、なぜ電子書籍はこのように割引販売ができるのだろうか。紙の本は、中古本以外は定価で売られているのに…?

 なぜ安く買えるのか、カンタンにお答えしよう。電子書籍は、紙の書籍や新聞がどこでも同じ定価で販売されているよう決められている仕組み「再販制(再販売価格維持制度)」の対象外なのだ。
 デジタルデータはソフトウェアなどと同じ扱いのため、現行の再販制度では守られない。だから価格の固定という縛りがないため、安くもできる(※ただし、紙の本と同じ価格で売られている例も一部ある。専用端末では紙よりも少し安い価格のほうが圧倒的な主流だ)。

 安直な安売りは問題だが、計画的な時限フェアはいままで買うのを控えていた人にも購入のきっかけとなりリピーターを増やすため、結果として売上増となる。これらの先駆者には動画販売やDVDレンタルで有名なDMMがいる。CMで「半額キャンペーン中」というのを見たことがないだろうか。年に数回実施される半額キャンペーンでは動画だけではなく、電子コミックも対象だ(全商品ではないが)。同社は現在、推定570~630万前後のIDがあり、特に電子書籍端末があまり力を入れていない成年向けコミックでのシェアが高い。独自端末は出していないものの、PC・アンドロイドなどに対応し、電子書籍業界の隠れた成功者だ。

電子書籍リーダーが売れなくてもいい?

 今電子出版業界が密かに焦っているのは、7月12日に公表されたインターネットコムとgooリサーチによる「電子書籍」の定期アンケート調査。データ自体の転載は控えるが、電子書籍リーダーの利用者がアンケート2回に渡り、ほとんど増えていなかった。さらに電子書籍に対する興味も薄れている。ボーナスシーズンにこれは一大事だが、興味はともかくとして、電子書籍リーダーの売れ行きはそこまでは気にする必要がないとの声もある。

 というのは最近「Kindle」「kobo」ともスマホに対応し、専用アプリを入れれば電子書籍が見られるため、それで済む人はあえて専用端末を買う必要がないからだ。目の疲れ、本らしさを気にしなければ今持っているスマホでも十分、通勤・通学中の読書に耐えうる。気になる人は、それぞれの端末名+アプリで、スマホから検索してみるといい。

 きょうから早速、憧れの電子書籍生活ができるはずだ。

(文・編集部I)








  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事

吉田豪最新刊!


▲売れてます!ロマン優光最新刊

全国書店・ネット書店で発売中!


おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 山口明 新日本プロレス 美しさ勉強講座 童貞 アイドル フジテレビ ロコドル ローカルアイドル 瀬名あゆむ 韓国 中国 オススメ 枡野浩一
Powered by Vivvo CMS v4.6