Home > ネット・携帯
最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.19
    実話BUNKA超タブーVol.19

    【月刊化】清水富美加出家騒動で大注目幸福の科学大研究/韓国の大学ノーベル賞ゼロ理由

    コンビニ・書店で3/1発売 530円

  • 実話BUNKAタブー 2017年5月号
    実話BUNKAタブー

    5月号 創価学会VS幸福の科学/内村光良不倫略奪愛過去/男の保育士&小学教師ほぼ□リ 3/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 450円

グラビアギャラリー


||||ホントにおトクな情報||||

PRカラーミーショップはリアルな店舗を持っていなくても、ネットを通じて商品を販売する楽しみを多くの人に実感してもらえるショッピングカートです。これまでに23万を超えるユーザー様からお申込みをいただいております。
カラーミーショップなら誰かに(大手に)頼らなくても、あなた好みのネットショップを作れます。あなたがセレクトした商品や作った商品の魅力を伝え、それを欲しいと思ってくれる人にお届けしてみませんか。
30日間、無料でお試しいただけるので、初心者の方やネットショップ作成サービスで悩んでいる方も、安心してご利用いただけます。




ネット・携帯 2013.04.10(水)

YouTubeで違法動画を2回見ると罰せられてしまうっっ………かも!?


 昨年より施行されている「改正著作権法」によれば、著作権者からの許可無くアップロードされた映像や楽曲をダウンロードすると「著作権法違反」になると規定されている。だがYouTubeなどのサイトで使われている「ストリーミング方式」は動画をダウンロードせずに視聴するので、違法動画を閲覧しても問題はない。だがプレジデントの記事ではこれに関して、2回目からは違法とされる可能性があると指摘しているのだ!

 というのもYouTubeやニコニコ動画の閲覧は、実際には「プレグレッシブ・ダウンロード」という形式を利用するものであり、視聴したデータファイルが、キャッシュという形で視聴者側に保存されるため、2回目の視聴からは「実質的な“ダウンロード”」となるという。

  ともっともらしい話しなのだが、記事本文にも出ている通り、ローカルキャッシュはOKとほぼほぼ言える著作権法第47条の8があるので、今のところそれでお縄になるということはないだろう。プレジデント流の「一流企業社員は特に注意すべき行為」と書くための強引な記事ではあるのだが。注意しておくにこしたことはないのかも?

(文・編集部)

●リンク

リンク先の記事では弁護士が解説している。

 

 





  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事
▼話題の新書をチェック

暗黒ディズニー入門 (コア新書)

新品価格
¥950から
(2017/2/23 21:56時点)




おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加





ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 


 













募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ TERAMAGAZINE 鈴木詩子 アイドル 瀬名あゆむ TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想 ロマン優光 山口明 童貞 鋭すぎる競馬予想 ローカルアイドル ロコドル 杉作J太郎 フジテレビ 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 新日本プロレス 中国 韓国
Powered by Vivvo CMS v4.6