Home > 芸能・エンタメ
最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.23
    実話BUNKA超タブーVol.24

    加計学園汚れた正体/日本を侵食する韓国/人が死にやすい都道府県/地方都市が絶望的/ピスケン&石丸元章が潜入芸能人経営の店 ほか

    コンビニ・書店で8/1発売 通常毎月1日発売 550円

  • 実話BUNKAタブー 2017年9月号
    実話BUNKAタブー

    9月号 第3次安倍内閣スキャンダルの歴史/小池百合子嘘と欺瞞の半生/キムタクVS中居正広どっちが性悪? 7/15発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 450円

グラビアギャラリー
芸能・エンタメ 2017.07.29(土)

路上で歌う少女と盲目のギター弾きとの心あたたまる友情『ブランカとギター弾き』


ヴェネツィアで絶賛された日本の才能に注目!

カメラマンとしても活躍する長谷井宏紀。日本ではまだなじみがありませんが、ヨーロッパでは短編映画などで高い評価を得ています。そんな彼の長編デビュー作が、『ブランカとギター弾き』です。フィリピンを舞台にしていますが、製作はイタリア。ヴェネツィア・ビエンナーレ&ヴェネツィア国際映画祭が出資した、初めての日本人監督による映画です。

主人公のブランカは11歳。親はなく、フィリピンの路上で窃盗や物乞いをしながら暮らしていました。すばしこい彼女は時にはお金持ちから財布を抜き取っては、せっせとお金をためています。ある時、テレビで養子縁組のニュースを見たブランカは、「お母さん」をお金で買うことを思いつきます。なぜならテレビではいろいろなものが売られているし、町の男の人たちはお金で女の人を買っていたからです。お母さんを買えば、学校にも行けるし、お世話もしてもらえる。そう思っていたブランカは、盲目のギター弾きの老人・ピーターに出会います。彼に得意の歌でお金を稼ぐことを教わったブランカは、この出会いにより、新しい運命を切り開きますが……。

フィリピンの町の様子がとても生き生きとカラフルなのが印象的です。ストリートチルドレンを扱っていながら、暗くならないストーリーも魅力。なによりも子どもたちの表情がとても生き生きしていて、「あー、昔は日本の子どももこんな表情していたな」と思わせます。ブランカ以外の子どもたちは、実際にストリートチルドレンの中からオーディションをしたそうです。

最後にブランカがたどりついた「家族」の形に、きっと誰もがジーンとくるはず。明日から少しだけ前向きになれそうな、あたたかい感動を呼ぶ映画です。

(文/吉田直子)

『ブランカとギター弾き』
2017年7月29日(土)よりシネスイッチ銀座ほかにて全国順次公開

ⓒ2015-ALL Rights Reserved Dorje Film





  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事


おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 








募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 山口明 杉作J太郎 童貞 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 新日本プロレス アイドル フジテレビ 美しさ勉強講座 韓国 中国 オススメ 枡野浩一 ダイエット NHK ウンザリ
Powered by Vivvo CMS v4.6