Home > 芸能・エンタメ

スマホ表示はこちら



【PR】掲載数2800誌以上の取り扱いを誇る『雑誌のオンライン書店Fujisan.co.jp』!多くは送料無料、さらに最大70%割引と大変お得です!

月イチ連載・各隔週月曜

瀬名あゆむのアイドル革命!

南にこの千葉からアイドル革命

隔週火曜

鈴木詩子の帰ってきて 吉澤ひとみ

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

美しさ勉強講座

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.41
    実話BUNKA超タブーVol.41

    コンビニ・書店で1/4発売 通常毎月1日発売 600円(税込) 

    絶対住みたくない都道府県/日産崩壊しトヨタに吸収されるXデー/外国人労働者利権の真実/データで見る酒の害悪/山口組分裂騒動2019年こう変わる/高輪ゲートウェイ駅の名称にガタガタ言うヤツがアホすぎる/カップラーメン醤油味まずさ格付けチェック/小川榮太郎×長谷川豊/怖い副作用がある漢方薬実名リスト ほか

    杉作J太郎「熱盛サウナおやじの伝言」コラム連載中!
    吉田豪「人間コク宝」ハーリー木村インタビュー 他では読めない濃厚すぎるヤバイ話題!
    ●社会派連載「はあちゅうの童貞が好きっ」

  • 実話BUNKAタブー 2019年3月号
    実話BUNKAタブー3月号

    1/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 550円(税込)

    加工肉は大腸がんを引き起こす亜硝酸塩を大量使用 食べてはいけないハム ベーコン ソーセージ/人権派格闘漫画テコンダー朴新連載/外国人受け入れ14業種壮絶ブラック実態/増税前に買ったほうがいいモノ&買わなくていいモノ一覧 消費税10%になる前に車や家は買うべきか/レーダー照射問題が意味するのは文在寅の北への従属ぶり 韓国軍は北朝鮮に”乗っ取られていた”/今上天皇ラスト一般参賀行ってみた/M-1の上沼恵美子で話題に 第二のとろサーモン久保田にならないために 更年期障害女性との上手な付き合い方/韓国の代名詞全部日本起源だった/中華チェーン醤油ラーメン一番まずいのは/宇垣アナ退社独立は失敗濃厚 ほか
    ●新連載第四回!1/16発売号は平沢勝栄発言がテーマ。『ロマン優光の好かれない力』は実話BUNKAタブー本誌で!

グラビアギャラリー
【コアな視点で知の可能性を探求する同時代人のための新書シリーズ・コア新書】

少年ジャンプが1000円になる日~出版不況とWeb漫画の台頭~/大坪ケムタ
↑漫画アプリはどうやって収益をあげているの?/各社Web漫画サイトのヒット戦略は?/出版不況本当はどれくらいヤバいの?
SNSは権力に忠実なバカだらけ/ロマン優光
↑これは百田尚樹へのラブレターである!
覚醒剤と妄想-ASKAの見た悪夢ー/石丸元章
↑本書はASKAへの応援歌である
文学としてのドラゴンクエスト 日本とドラクエの30年史/さやわか
春樹より深いドラクエの世界 ↑荻上チキ・Session-22(TBSラジオ)で特集!
暗黒ディズニー入門/高橋ヨシキ
愛と感動…だけじゃない! ↑ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル(TBSラジオ)で特集!
(Link to Amazon)
芸能・エンタメ 2017.03.31(金)

ASKAは偉大なる前衛アーティスト!『700番』を正しく読み解くための手引き

 


いまだスッキリしないASKA騒動

 2014年に覚せい剤取締法違反で逮捕されて以来、なにかと騒動を起こし続けているミュージシャンのASKA。とくに昨年末の再逮捕から不起訴釈放へと至る経緯をめぐっては、ワイドショーなどでも多く取り上げられ波紋を呼んだ。

 今年の2月、3月に立て続けに出版された『700番』シリーズ(扶桑社)は、そうした一連の経緯について、ASKA自身がその真相を告白したというものである。

 本には騒動の核心部分についてがこと細かに記されており、それはそれでとても興味深い…のだが、しかし、読み終えてもやはりまだ腑に落ちない点が残る。言ってしまえば、ASKAが書いたことが現実なのかどうか、いまだ確たる証拠が得れずモヤモヤしてしまうのだ。おそらく、今なおこうしたモヤモヤを抱えている方は少なくないのではないだろうか。

現実? 妄想? 二者択一の罠

 一方、ASKAの書いたことが客観的な現実に対応しているかどうかなんて、実はどうでもいいことなのではないか、と指摘する人もいる。作家の石丸元章である。

 石丸は東京近郊の精神医療センターにASKAと同時期に入院し、ASKAとともに二ヶ月間の入院生活を送っていた。4月3日発売の石丸の新刊『覚醒剤と妄想 ASKAの見た悪夢』(コア新書)には、入院当時のASKAの様子が克明に描写されており、ASKAの「常人離れ」した性質の一端がうかがい知れる内容となっているのだが、しかし、石丸はそうした性質をアーティストとしての才気と評しており、またその後にブログで発表される『700番』などについても、“盗聴や盗撮が事実かどうかといった問題に囚われるべきではなく、そもそも文章作品として傑出しているという点や、あの立場で『700番』のようなスキャンダラスな作品を執筆したということの前衛性にこそ注視すべきだ”と論じている。

 なるほど、石丸にならい、事実かどうかといったことから離れて『700番』シリーズを再読してみると、たしかに『700番』がひとつの表現物として実に魅力に富んでいることが分かる。そもそも、ASKAは文章が格別にうまいのだ。ゴシップ的な関心を除いても、十分に読まされる内容なのである。

 さらに石丸は同書で、ASKAの発言を妄想だと断定して嗤う社会こそが問題だと指摘し、もしASKAが妄想者だとしたら我々もまた同じように妄想者なのだ、とする独自の妄想論を展開している。

 もしかしたら、われわれは「妄想か現実か」といったことに過剰にこだわりすぎていたのかもしれない。皆さんもそうした野暮な視点は一度捨てて、ASKAという当代稀有とも言える“アーティストらしいアーティスト”の「作品」として、『700番』シリーズを読み直してみてはいかがだろうか。

(文/佐々武史)

おすすめ書籍:
『700番』第一巻(ASKA著/扶桑社) http://books.rakuten.co.jp/rb/14697856/
『700番』第二巻|第三巻(ASKA著/扶桑社) http://books.rakuten.co.jp/rb/14651817/
書誌詳細:
http://www.fusosha.co.jp/Books/search_list/?author_id=2582

参考文献:
『覚醒剤と妄想 ASKAの見た悪夢』
(石丸元章著/コア新書)
http://books.rakuten.co.jp/rb/14797252/

書誌詳細:
http://bit.ly/2nCj0Gr 








  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事


おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 






募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 美しさ勉強講座 山口明 新日本プロレス ロコドル ローカルアイドル アイドル 童貞 瀬名あゆむ フジテレビ 韓国 中国 ダイエット 枡野浩一
Powered by Vivvo CMS v4.6