Home > 芸能・エンタメ
最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.22
    実話BUNKA超タブーVol.22

    ソフトバンクの正体/北朝鮮大研究/読売新聞は安倍政権の主張垂れ流す広報誌/現地ルポ韓国大統領選の狂乱醜態ほか

    コンビニ・書店で6/1発売 毎月1日発売 550円

  • 実話BUNKAタブー 2017年8月号
    実話BUNKAタブー

    8月号 痴漢冤罪から逃れる方法/長谷川豊が語るフジテレビ凋落本当の理由/韓国人の逆ギレ思考法中国人の自己中思考法 6/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 450円

グラビアギャラリー
芸能・エンタメ 2016.12.12(月)

NONSTYLE井上当て逃げで懸念される放送差し替え


逃げたことで男を下げたNON STYLE井上

「NON STYLE」の井上裕介氏が12月11日夜遅くに車を運転してタクシーに当て逃げし、運転手にケガを負わせていたことが、警視庁への取材でわかったという。ナンバーなどから車両を特定、12日に任意同行となっているが、NHKでは12日現在では容疑者呼称はなくさん付けで報道しており、逮捕の有無にも触れていない。今後呼称が変わることも考えられる。

本人は「事故を起こしたことが世間に知られたら大変になると思った」と話しているということだが、いままで前向きなイメージにより日めくりカレンダーなどでも知られるだけに、当て逃げによりイメージは最悪となった。問題は、年末年始に向けて収録しているテレビ番組。

これについては「比較的早い時期なので、あったとしてもまだ再収録やカットなどの差し替えが効くだろう」と、ある制作会社の関係者が話す。年末になればなるほど人を集め、スタジオを確保し撮り直すことが困難になるのだそうだ。ただ、14日に日本テレビで放送予定の『人気芸人50人大集合!スキャンダルも大激白 無礼講の宴!大忘年会』という番組は「ノンスタ井上が元カノ話で大慌て」という項目もあり、こちらは影響が不可避となりそうだ。

すでにキャンセルした仕事も。12日、TOKYO MXの『ひるきゅん』を田中みな実の発言によれば「のっぴきならぬ事情でお休み」、またその後のTOKYO FMの番組『Skyrocket Company』のゲストを休んでおり、こちらは理由を「体調不良」としていたこともさらに事件イメージを悪くしている。

タクシー運転手は軽いけがを受け、病院で手当を受けている。NON STYLE井上は被害者のほうを向いて責任を負うべきで、少なくとも活動自粛は免れないだろう。

(文・楠尾 袋)写真:本人のツイッターより





  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事



おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 








募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 TERAMAGAZINE 瀬名あゆむ アイドル ロマン優光 TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想 山口明 ローカルアイドル ロコドル 童貞 杉作J太郎 鋭すぎる競馬予想 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 新日本プロレス フジテレビ 韓国 中国
Powered by Vivvo CMS v4.6