Home > 芸能・エンタメ
最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.22
    実話BUNKA超タブーVol.22

    ソフトバンクの正体/北朝鮮大研究/読売新聞は安倍政権の主張垂れ流す広報誌/現地ルポ韓国大統領選の狂乱醜態ほか

    コンビニ・書店で6/1発売 毎月1日発売 550円

  • 実話BUNKAタブー 2017年8月号
    実話BUNKAタブー

    8月号 痴漢冤罪から逃れる方法/長谷川豊が語るフジテレビ凋落本当の理由/韓国人の逆ギレ思考法中国人の自己中思考法 6/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 450円

グラビアギャラリー
芸能・エンタメ 2016.11.07(月)

手塚治虫氏、仕事場から大量のエッチなイラスト発見!


【この記事はミステリーニュースステーションATLASからの寄稿となります】 http://mnsatlas.com/

手塚先生の貴重な未発表イラスト発掘。あえて既報を振り返ります

2年前、漫画家の故・手塚治虫氏の仕事場から発見された未発表のイラスト29点が「新潮」(新潮社)2016年12月号で初公開されることがわかった。

このイラストは長女のるみ子さんが発見したもので、イラストにはネズミのような耳を持つ人間の女性がベッドで体を捩らせるカットのほか、裸の女性がコイに変身するイラストがあったという。

なお、生前の手塚氏がなぜこのようなイラストを書いていたのは不明だという。

手塚治虫氏といえば、『W3』(ワンダースリー)のボッコをはじめとする美少女動物キャラクターを多数発表しており、また変身するシーンが必要以上に艶かしいことでも知られている。

上記の描写が果たして手塚治虫氏の趣向から発想されたものかは長らく不明であったが、今回発見された遺稿発表でその片鱗が見られるのではないかと期待されている。

ただしネットではこの報道に対し「自分の性癖を晒されているようで可哀想…」という声のほか、「手塚治虫の闇を見た…」「実の娘から発見されるのは死んでるとは言えキツいよな」などと気の毒がる声が少なからずあるらしい。

しかし「偉大な人だからこそ、その作家性を広く知ってもらい」という声や「日本のケモナー史を知るうえでも重要な資料」という前向きな意見のほうが大多数のようだ。

(文:ミドルサイズパンダ 寄稿・ミステリーニュースステーションATLAS編集部)※ブッチ編集部注:記事中、雑誌月号に年号を付加しました。

オススメ雑誌:新潮 2016年 12月号(新潮社)
http://books.rakuten.co.jp/rb/14511884/

http://mnsatlas.com/
「ミステリーニュースステーションATLAS」で検索





  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事



おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 








募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 TERAMAGAZINE 瀬名あゆむ アイドル ロマン優光 TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想 山口明 ローカルアイドル ロコドル 童貞 杉作J太郎 鋭すぎる競馬予想 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 新日本プロレス フジテレビ 韓国 中国
Powered by Vivvo CMS v4.6