Home > 芸能・エンタメ

スマホ表示はこちら

月イチ連載・各隔週月曜

瀬名あゆむのアイドル革命!

南にこの千葉からアイドル革命

隔週火曜

鈴木詩子の痩せる飯

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

美しさ勉強講座

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.33
    実話BUNKA超タブーVol.33

    コンビニ・書店で5/1発売 通常毎月1日発売 550円

    オフィス北野は"たけし利権”のため"芸能界のドン"が作らせた!? ビートたけし独立騒動の真相/ニッポン売春の歴史/電通とアディダス暗躍でハリルホジッチ解任 日本サッカー界の闇/大谷翔平と国産メジャーリーガーアメリカで罵詈雑言だらけの現実/嘘つき総理安倍晋三 嘘まみれの半生/ラーメン二郎もっとも無愛想な店は?/情報バカを喰い物にする健康保険業界の裏/環境汚染大国韓国/首都圏民度低い路線/芸能人オ◯ペット番付/山健組総帥の座に… ほか

  • 実話BUNKAタブー 2018年7月号
    実話BUNKAタブー7月号

    5/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 480円

    TOKIO山口メンバー(元)女子高生淫行事件で激震 ジャニーズ帝国崩壊の真相/板門店宣言は韓国の無条件降伏だった/仲良くもないジジババに貴重な時間を奪われる町内会という地獄/韓国版ネトウヨ「クッポン」の醜悪差別っぷり/自衛隊にまつわる最低エピソード集/アラーキーのセクハラなんて生ぬるいエ□本業界の驚愕ハラスメント/事務所を独立した芸能人勝ち組負け組/OL座談会「わたしたちが絶対に◯◯◯したくない男」/世界の銃乱射事件大全 ほか

    ●当サイト連載杉作J太狼XE×ロマン優光の社会時評連載中! 今月のテーマは崎陽軒の弁当だけで3ページ! 必見!

グラビアギャラリー
芸能・エンタメ 2016.10.13(木)

ピース綾部休業・渡米のウラに巨大プロジェクトの影が?

 


綾部武者修行のイメージを壊す野沢のぶっちゃけ

 ピース綾部が10月8日、「2017年3月をもって日本での活動を休止。アメリカ・ニューヨークに拠点を移してハリウッド俳優を目指する」と発表した。所属のよしもとクリエイティブ・エージェンシーは退社し退路を断つというが、そもそも多くの所属タレントは書面契約も持たないともいわれている同社。関連会社として米国ロサンゼルスに「よしもとエンタテインメント・USA」を持っており、噂には過ぎないがこちらにテコ入れをするための渡米という説も根強い。

 タイミング良くか悪くか10日には過去同じように渡米した野沢直子が「しくじり先生」(テレビ朝日)に出演した。野沢は、最も売れている時に移住、実態としては実力不足から逃げたに等しい形だったが、いまでも毎年出稼ぎと称して来日し、季節単位で稼いでいる。また、よしもと芸人の渡米で最も思い出されるのは、渡辺直美だろう。(綾部と同じ茨城出身ながら)台湾にもルーツを持つ渡辺は、他の出演者の急なツッコミに対して、日本語の対応に機転がきかず、一時期思い悩んでいたという。彼女も武者修行という体での渡米だが、きっかけはやはりその問題のストレスが一因にあった。結果、キレキレのダンスと独自な生活スタイルで、現在はファッションリーダーとしての地位も築いている渡辺だが、そんな振り切った彼女に共演の多い綾部が相談をしている可能性はある。
 このような2例がよしもとには先に存在していることもあり、筋さえ通しておけば出戻ることが可能な環境というのも決断につながった理由として大きかったのではないか。

綾部の成功過程もビジネスになるか?

 ネットでは38歳での渡米とあって「何かやらかしたのでは」「現実逃避か…」との声も多いが、今でも「おかみさん」「じゃない方」といった、何年も経過しても同じツッコミから逃れられない綾部なりの辛さからは脱出したいだろうし、また本人のプライドの高さからすれば、このくらいの発表につながってもおかしくはない。

 ただ、もう1つ最後にヒントを出しておきたい。深夜で視聴率が高くない番組であったことからほぼ誰にも語られないが、綾部は吉本芸人の海外進出も応援してきた「ニッポン元気計画!眠れるスター目覚ましバラエティ ハックツベリー」(テレビ東京/現在は終了)にも出演し、多くの芸人海外進出ルポを見てきた。これにも確実に影響を受けているはずだ。さらにもしうがった見方をするなら、同番組の制作はあの「電通」と吉本興業がタッグを組んでいる。将来、俳優としてこれらの後継プロジェクトに出るなどしてもおかしくない。綾部が語学学習から入ることを考えると、まだ先すぎる話ではあるが、なにか関係性が感じ取れはしないだろうか。

 とにかく日本人は逆境からのぼりつめるストーリーと、海外成功して戻ってくるタレントにはなぜか弱い。何かとてつもなく大きなプロジェクトが水面下で動いているようにも見える。綾部には大きなプレッシャーかもしれないが、ぜひハリウッドでの俳優業に成功して凱旋できるよう、頑張っていただきたい。

(文・楠尾 袋)

おすすめ書籍:「AYABE MODE」綾部祐二(ヨシモトブックス/ワニブックス)
http://books.rakuten.co.jp/rb/12144969/








  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事

吉田豪最新刊!


▲売れてます!ロマン優光最新刊

全国書店・ネット書店で発売中!


おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 山口明 新日本プロレス 美しさ勉強講座 童貞 アイドル フジテレビ ロコドル ローカルアイドル 瀬名あゆむ 韓国 中国 オススメ 枡野浩一
Powered by Vivvo CMS v4.6