Home > 芸能・エンタメ

スマホ表示はこちら

月イチ連載・各隔週月曜

瀬名あゆむのアイドル革命!

南にこの千葉からアイドル革命

隔週火曜

鈴木詩子の痩せる飯

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

美しさ勉強講座

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.35
    実話BUNKA超タブーVol.35

    コンビニ・書店で7/1発売 通常毎月1日発売 550円(税込) 

    海外で危険視される物質が日本で野放し 発がん性物質含む食品実名リスト/やってはいけない老後対策/40代男性30年後地獄の現実/北朝鮮非核化詐欺で200兆円たかられるバカ日本/幸福度トップ5都道府県こんなに不幸/韓国はネット中毒大国/安倍政権移民受け入れで2021年日本破綻/OL座談会「こんな口説かれ方が気持ち悪い」/新宿ラーメン屋地獄めぐり/抗争カウントダウン/ ほか

  • 実話BUNKAタブー 2018年9月号
    実話BUNKAタブー9月号

    7/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 480円

    カラダに危険な調味料実名リスト/オウム真理教麻原彰晃なぜ今殺さなければならなかったのか/『万引き家族』より悲惨ニッポン貧困家庭の現実/絶滅を応援 うなぎ一番まずいチェーン/韓国の犬の残酷な実態/紀州のドン・ファン事件に群がるクズ/沖縄観光地ヤバい/迷惑な老人への身も蓋もない対処法/絶望的に頭悪い愛国歌手たち/パブリックビューイングのサポーターに訊いた「あなた、日頃からサッカー好きなんですか?」/ホリエモン原作マンガ多動録 ほか

     ●当サイト連載杉作J太狼XE×ロマン優光の社会時評掲載中! 今月のテーマはラーメンのスープ全部飲む? 飲まない?/本屋が減っている の2本立て!

グラビアギャラリー
【コアな視点で知の可能性を探求する同時代人のための新書シリーズ・コア新書】

少年ジャンプが1000円になる日~出版不況とWeb漫画の台頭~/大坪ケムタ
↑漫画アプリはどうやって収益をあげているの?/各社Web漫画サイトのヒット戦略は?/出版不況本当はどれくらいヤバいの?
SNSは権力に忠実なバカだらけ/ロマン優光
↑これは百田尚樹へのラブレターである!
覚醒剤と妄想-ASKAの見た悪夢ー/石丸元章
↑本書はASKAへの応援歌である
文学としてのドラゴンクエスト 日本とドラクエの30年史/さやわか
春樹より深いドラクエの世界 ↑荻上チキ・Session-22(TBSラジオ)で特集!
暗黒ディズニー入門/高橋ヨシキ
愛と感動…だけじゃない! ↑ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル(TBSラジオ)で特集!
(Link to Amazon)
芸能・エンタメ 2016.09.08(木)

グラドルクイーン・片山萌美がバラエティにほぼ出ないわけとは?

 


女優志望の彼女ではあるが…

 久松郁実(20)、石川恋(23)と並んで、“2016年3大グラドル・クイーン”の呼び声も高い片山萌美(25)。170センチの高身長に91センチGカップという魅惑のダイナマイトボディで、各誌表紙、グラビアにひっぱりだこ。4月に発売された1stDVDは9月現在も最大手ネット通販サイトのDVDランキング上位に君臨中のほか、14日に発売予定の1st写真集も目下の予約の段階でバカ売れ必至だ。
「ブレイクのキッカケは、今年春にOAされたスマホアプリのCM『三国天武~本格戦略バトル~』での艶やかなヴィジュアルで、世間の男の視線を釘づけにしたこと。かつてはミス日本に出場してミス日本ネイチャーの賞を獲得するなど、元々その美貌には定評のある存在で、ここまでは舞台を中心に活動してきましたが、先頃はドラマ『OLですが、キャバ嬢はじめました』にレギュラー出演するなど、俄然、活動の幅を広げている状況です」(芸能ライター)
 当面はグラドルもやりつつ、女優業を邁進していく模様だが、一つ気になることといえば、バラエティでほとんど見かけない点。調べてみたところ、春のブレイク後、バラエティの出演は無し(昨年は旅番組に1本だけ出演)。 前述の久松や石川がコンスタントにバラエティに出演している現状を考えると、なにか不思議な感も。
「単純に女優志望だからといえばそれまでですが、まだまだ顔と名前を売る時期であり、新人女優の意味でもバラエティに出るメリットはあるはず。どうやらその辺は事務所に理由があるようで、彼女が所属するウイントアーツは、元々オスカープロモーションから独立した事務所なんですが、過去20年以上、所属タレントとバラエティの関係はほとんどナシ。女優やモデルの育成のほか、アスリートの業務提携を中心に行っており、事務所の方針としてそもそもバラエティで売るという発想がないとも……」(同氏)
 バラエティにもめっぽう強いオスカーの流れをくむ事務所という意味でも、うまく軌道に乗り始めている片山には、ジャンルにとらわれない精力的な活動、展開を期待したいところだが。
「いや、事務所もそのあたりは十分考えてるはずですよ。事実、所属の文化人の某氏はコメンテーターなどでバラエティに積極的に出演していますからね。ただ、片山に、ひいては過去20年以上、女性タレントにバラエティとの縁がないとなると、なにか裏事情のようなものが見えてくる感も。事務所間での妙な圧力などなければいいんですが……」(業界通の某事務所関係者)
 ツイッターなどでのやりとりを見る限りは、トークのほうも大いに期待できそうな彼女。なにより、その極上のボディを画面でじっくり見てみたいと願うファンは大勢いるはずで、その日が一日も早く訪れることを切に望みたい。

(文・ゴーゴータイムズ雑賀)画像:本人のブログ「take me,with you」より








  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事

吉田豪最新刊!


▲売れてます!ロマン優光最新刊

全国書店・ネット書店で発売中!


おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 






募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 美しさ勉強講座 新日本プロレス 山口明 アイドル 童貞 ロコドル ローカルアイドル フジテレビ 瀬名あゆむ 韓国 中国 枡野浩一 オススメ
Powered by Vivvo CMS v4.6