Home > 芸能・エンタメ
最新号
グラビアギャラリー




||||ホントにおトクな情報||||


PR一眼レフカメラ上達講座でちゃんとした写真が撮れる!



芸能・エンタメ 2016.06.28(火)

テレビ東京・素人取材の落とし穴 新番組で早速30秒のテロップ謝罪


低予算素人番組を増やすとこんなトラブルが…

 6月27日のテレビ東京深夜番組『誰にも話してないんですが、実は… ~すべてがリアルなカミングアウト~』に、謝罪テロップが異例の長さ、約30秒間も流れた。HPにも掲示された内容は『6月20日放送の滝行でインタビューさせていただいた女性の紹介に際し、「数人の彼氏がいるという彼女の実は…」と女性に複数人の交際相手がいるかのような表現をしていました。あらためてご本人に確認したところ、そのような事実はないとのことです。お詫びして訂正いたします。』というもの。HPと放送の両方で、しかも番組では長時間否定する必要が出るということは、局との間でかなり大掛かりなもめ事へと発展したことが想像される。
 この番組の問題は初回放映時で予見されていた。「誰にも話していない内容」を素人に話させることというテーマが故に、面白く見せようとサービスし、事実と異なることを引き出す可能性が高いからだ。またとっさのネタフリで後先考えずに秘密を漏らしてしまうことで、実生活上にトラブルを招くことも予想され、ここでは書かないが、27日の放送でも微妙に後から問題を招きそうな内容が含まれていた。
 そうでなくともテレ東には素人をいじる番組が多い。ちょっとあげてみるだけでも『Youは何しに日本へ?』、『家、ついて行ってイイですか?』、『モヤモヤさまぁ~ず2』、『昼めし旅~あなたのご飯見せてください~』、『博多華丸のもらい酒みなと旅』、『巷の噺』、水曜エンタ『昔ココ住んでました!っと芸能人がいきなり訪ねるテレビ』などスラスラタイトルが出てくる。テレ東はなぜここまで素人に頼るようになったのか。
 制作予算が他局より圧倒的に少なかったところが出発点だというが、その歴史は開局当初、あまりの不振で倒産しかけた頃まで遡るという。しかし素人モノのDNAというか成功体験で大きくなったテレ東は大いに気をつけるべきだ、と業界関係者は警告する。

「現在テレ東の素人モノで大きなトラブルとなっているのは『世界ナゼそこに?日本人』で、外国に住む統一教会信者を多数出演させてきたとされる疑惑くらいですが、まだ問題のない番組にも火種はある。たとえば『昔ココ住んでました!っと芸能人がいきなり訪ねるテレビ』は、芸能人ファンには聖地巡礼指向があること、物件特定しやすいことから、部屋番号を消したところで特に住人女性がプライバシーを維持できない可能性もあり、要注意です。また『家、ついて行ってイイですか?』では、トラブル防止のために身分証を提示しているテロップも入りますが、社員撮影でない限り提示しているのは見知らぬ制作プロダクションの身分証である可能性が高く、騙り防止策はたいした効力をもたないということです。朝日放送が『大改造!!劇的ビフォーアフター』でリフォーム詐欺への注意を毎回促しているようにテレビ局を装う詐欺師は多く、特に深夜お宅訪問系の企画には、送り狼的な悪人が今後出てくる可能性もある。終電が心を開きやすいのは確かですが、ハイリスクすぎです。単発ならまだしも、レギュラーとなっている今は、終電を1要素に抑えるなど企画の方向性に再検討が必要でしょう」(プロダクション)
 過去には他局も素人番組の大トラブルをやらかしている。有名なのはTBSテレビ。2012年人気深夜番組『有田とマツコと男と女』でルイ・ヴィトンのデザイナーを詐称した女性をチヤホヤし、発覚後謝罪。打ち切りは免れたが、その後は長続きしなかった。翌2013年には『マツコの日本ぼかし話』現役保険外交員にセールス中の枕営業話をさせ、保険会社から猛烈なクレーム。ヤラセを疑われつつも初回打ち切りとなっている。いずれも演出の影がチラつくが、テレビの素人ネタは安全・鉄板そうに見えて、このように致命的なトラブルを招きやすい。
 だが各局、他局のことはことさら気にしていない。たとえば冒頭番組と同じ27日の日本テレビ『月曜から夜ふかし』でも、昨年テレ朝系でアイドル3B juniorメンバーの痙攣・昏睡トラブルがあり、テレビで取り扱いが要注意となっているヘリウムガスを平気で素人(フェフ姉さん)に使用していることでもわかる。それ自体が問題とはならないとはいえ、一時はBPO(放送倫理・番組向上機構)案件になるとも言われた事故を知らないのだろうか。どの局でも予算減で素人モノを増やしているが、他局を含んで過去のトラブル事例をチェックするべきだろう。
 最後に話をテレ東に戻すが、フジテレビを抜いたと言われ、今年秋には六本木3丁目への移転をする絶好調の同局だが、そろそろまともに予算をかけ、安全に足元を固めておかないと、トラブルにより再び他局に抜かれ、落日を迎える日は近いかもしれない。

(文・楠尾 袋)写真:神谷町のテレビ東京社屋(提供:www.shihei.com/free01/ )




あなたにおすすめの記事はこちら


  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事

スマホアプリ「カメリオ」で「ブッチ

NEWS」と入れて最新記事をGET!

「ニューススイート」に配信予定

◎書店で12/2から発売!◎

◎書店で11/2から発売!◎

◎書店で9/30から発売!◎


●ロマン優光著、電子書籍版発売中




おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加





ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 


 












募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

タグクラウド
おすすめ TERAMAGAZINE エスムラルダ 鈴木詩子 アイドル TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想 瀬名あゆむ ロマン優光 山口明 童貞 鋭すぎる競馬予想 フジテレビ 杉作J太郎 中国 新日本プロレス ローカルアイドル オススメ 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 韓国
Powered by Vivvo CMS v4.6