Home > 芸能・エンタメ

スマホ表示はこちら

月イチ連載・各隔週月曜

瀬名あゆむのアイドル革命!

南にこの千葉からアイドル革命

隔週火曜

鈴木詩子の痩せる飯

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

美しさ勉強講座

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.33
    実話BUNKA超タブーVol.33

    コンビニ・書店で5/1発売 通常毎月1日発売 550円

    オフィス北野は"たけし利権”のため"芸能界のドン"が作らせた!? ビートたけし独立騒動の真相/ニッポン売春の歴史/電通とアディダス暗躍でハリルホジッチ解任 日本サッカー界の闇/大谷翔平と国産メジャーリーガーアメリカで罵詈雑言だらけの現実/嘘つき総理安倍晋三 嘘まみれの半生/ラーメン二郎もっとも無愛想な店は?/情報バカを喰い物にする健康保険業界の裏/環境汚染大国韓国/首都圏民度低い路線/芸能人オ◯ペット番付/山健組総帥の座に… ほか

  • 実話BUNKAタブー 2018年7月号
    実話BUNKAタブー7月号

    5/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 480円

    TOKIO山口メンバー(元)女子高生淫行事件で激震 ジャニーズ帝国崩壊の真相/板門店宣言は韓国の無条件降伏だった/仲良くもないジジババに貴重な時間を奪われる町内会という地獄/韓国版ネトウヨ「クッポン」の醜悪差別っぷり/自衛隊にまつわる最低エピソード集/アラーキーのセクハラなんて生ぬるいエ□本業界の驚愕ハラスメント/事務所を独立した芸能人勝ち組負け組/OL座談会「わたしたちが絶対に◯◯◯したくない男」/世界の銃乱射事件大全 ほか

    ●当サイト連載杉作J太狼XE×ロマン優光の社会時評連載中! 今月のテーマは崎陽軒の弁当だけで3ページ! 必見!

グラビアギャラリー
芸能・エンタメ 2016.06.10(金)

稲村亜美を筆頭とする野球好きアイドル・ブームは本物か?

 


続々登場する“野球好き”アイドルたち

 最近テレビでよく見かけるニューフェイス・アイドルといえば、稲村亜美(20)だろう。昨年3月からOAされたトヨタのCMでの豪快スイングが“神スイング”として話題を集めたのを機に知名度は上昇。同年8月には、東京ドームでの巨人戦の試合前イベントに登場してそのスイングを披露し、原監督(当時)始め、全国の野球ファンを改めて唸らせた結果、TV番組にひっぱりだことなり、今年に入ってからはレギュラー番組3本を獲得。文字どおり、ブレイク街道一直線と呼べるわけだが、そんな彼女の活躍に乗じて、俄然盛況を呈しているのが“野球好きアイドル”だ。
「稲村同様、スイングで注目を集めているのが“ホームランなみち”(26)。落合、クロマティ、種田といったオールド・ファン歓喜のスイングものまねが特技のほか、歌手としての活動も評価され、オリックス対ソフトバンク戦で君が代斉唱の経験もあるツワモノです(笑)。同じく歌手として、野球ソングのシンガーソングライターとして活動中なのが立花夢果(年齢不詳)。『週刊ベースボール』が選ぶ野球レコード最優秀新人賞を獲得した実績を持ち、コンスタントに野球一色のライブを展開。1軍2軍問わずマメに球場にも足を運び、成績や出身校など野球に関する知識は文句なしにアイドル・ナンバー1といえます。スポーツ紙でコラムやコメントを寄せるほか、プロ野球関係者も大勢足を運ぶ中野の有名野球居酒屋で週2で勤務しており、会いに行ける野球アイドルとしても知る人ぞ知る存在です」(芸能ライター)
 一般の知名度としては、学生時代の野球部マネージャーの実績を生かし、東京ヤクルトの公認女子マネージャーも務めた磯山さやか(32)や、広島出身ということでカープファンを公言してやまない杉原杏璃(33)などもお馴染み。さらに、日ハムファンが高じて、日刊スポーツ北海道版で連載コラムを持つモーニング娘。’16の牧野真莉愛(15)、HKT48の作曲家がプロデュースしたことで話題を呼んでいるアイドル・ユニット『絶対直球女子!プレイボールズ』、昨今のカープ女子人気から生まれた『C-Girls2015』(エイベックスからデビュー。残念ながら現時点、今後の活動は未定)の登場など、野球好きを標榜するアイドル勢の目下の活況は特筆に値するといえる。
「昨年末、『アウト×デラックス』に出演したグラドルの小間千代が、事務所社長に『嘘でもいいから、趣味は野球観戦にしろ』と言われたことを暴露し、物議を醸しましたが(笑)、野球アイドル・ブームの流れは確実にあります。惜しむらくは現在、全国中継の地上波で試合がほとんどOAされていないことですが、プロ野球ブーム再燃の意味でも、彼女らの果たす役割は極めて大きいでしょう」(プロ野球事情に詳しい週刊誌記者)
 過去にも野球ファンを公言するアイドルは何人もいたが、最近の傾向としては、通なファンを唸らせるほどマニアックに野球を語れる(愛してる)本物志向というのが挙げられる。アイドルの新たなムーブメントとして、どこまでシーンに旋風を巻き起こせるか、大いに注目したい。

(文・ニイゼキユウジ)

おすすめ電子書籍:<デジタル週プレ写真集>稲村亜美「ATHLETE BODY」立ち読み[電子書籍版]無料(集英社)
※別途無料のkoboアプリ必要
http://books.rakuten.co.jp/rk/60964827812d323f80b958ea9e763fe3/








  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事

吉田豪最新刊!


▲売れてます!ロマン優光最新刊

全国書店・ネット書店で発売中!


おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 山口明 新日本プロレス 美しさ勉強講座 童貞 アイドル ロコドル フジテレビ ローカルアイドル 瀬名あゆむ 韓国 中国 オススメ 枡野浩一
Powered by Vivvo CMS v4.6