Home > 芸能・エンタメ
最新号
グラビアギャラリー




||||ホントにおトクな情報||||


PR一眼レフカメラ上達講座でちゃんとした写真が撮れる!



芸能・エンタメ 2016.05.31(火)

日テレ・ベッキー早期復帰否定も前日「イッテQ!」で写真は放映される不思議


イッテQ!のオンエアでは、ベッキーが静止画だけ登場

 5月30日、日本テレビが定例会見で早期のベッキー復帰を否定した。同局専務が「すべて未定、現場からの提案もない」と明かしたからだ。だが本心としては、時期を見て復帰させようと思っているのは、例えば同局「世界の果てまでイッテQ!」の直近5月29日放送回でも、チャン・カワイのカレンダープロジェクト企画のタイトルバックにベッキーの静止画が入っていることで明らか。いつか復帰させる気がなければ、画像すら出さないはずだ。TBS「金スマ」を優先したことから上層部との決裂は決定的なのだろうが、時間が経てば状況も変わると、現場では少しずつ反応を見ているのが本音だろう。

 Webや新聞記事の調子も変わってきているのは周囲から「復帰へのムード作り」が徐々にされているからだが、本格復帰はもっと慎重であるべきだ。

 一部広告関係者が危惧する。
「彼女はゴールデンタイムの番組が多いことから、過去出演していたゴールデンでのレギュラー復帰は、主婦層のチャンネル変更や、スポンサーバッシングをもたらすのではないかという点が心配です。いずれ慣れるとは思いますが…」(広告代理店)
 過去の矢口真里の事例を参考にするなら、レギュラー復帰よりも周囲にクレームが影響しづらい単発番組、必要とされる企画ありきの番組ゲストから入って、徐々にポジションを戻していくべきではあろう。早期に稼ぎたい、懐事情が見えすぎるのも考えものだ。

 直接は関係のない話だが、テレビ東京「家、ついて行ってイイですか?」(5月28日放送)で、芸能界に入りたい子どもの理由が「上下関係に最も厳しい芸能界でタテ社会を学びたい」だったことに衝撃を受けた。最近では児童が「◯◯にたてついたら、干されるのが当たり前」などとベッキー、SMAPなどの一連の謝罪を見て変な力関係を学んでいる。日頃夢を与える産業だったはずのエンタメはどこへ向かうのだろうか。

(文・ペヨピバヒソド西)

おすすめ書籍:ゆめの音色 music life(エムオン・エンタテインメント)
http://books.rakuten.co.jp/rb/12218030/




あなたにおすすめの記事はこちら


  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事

スマホアプリ「カメリオ」で「ブッチ

NEWS」と入れて最新記事をGET!

「ニューススイート」に配信予定

◎書店で12/2から発売!◎

◎書店で11/2から発売!◎

◎書店で9/30から発売!◎


●ロマン優光著、電子書籍版発売中




おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加





ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 


 












募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

タグクラウド
おすすめ TERAMAGAZINE エスムラルダ 鈴木詩子 アイドル TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想 瀬名あゆむ ロマン優光 山口明 童貞 鋭すぎる競馬予想 フジテレビ 杉作J太郎 中国 新日本プロレス オススメ ローカルアイドル 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 韓国
Powered by Vivvo CMS v4.6