Home > 芸能・エンタメ

スマホ表示はこちら


||||日替わり連載陣||||

月イチ連載・各隔週月曜

瀬名あゆむのAV vs アイドル

南にこの千葉からアイドル革命

隔週火曜

鈴木詩子の痩せる飯

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

美しさ勉強講座

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.30
    実話BUNKA超タブーVol.30

    慰安婦合意反故の韓国戦後対日関係トンデモ75年史/宮﨑あおい不倫報道の非清純過去/平昌五輪真の目的は李明博元大統領の極刑?/歌舞伎町ガイド人が案内デンジャラススポット巡り/人格破綻の暴力男星野仙一の正体/若頭社会不在最後の年に神戸山口組が仕掛ける大勝負/ダウンタウン浜田の黒塗りどころじゃない日本人差別の最低な名作/消費税延期で我慢も限界財務省の安倍政権潰し始まった ほか

    コンビニ・書店で2/1発売 通常毎月1日発売 550円

  • 実話BUNKAタブー 2018年4月号
    実話BUNKAタブー4月号

    階級社会ニッポンの絶望的な現実/尖閣諸島で日本が中国に圧勝/今日から入信可能!特選宗教ガイド/寿司を美味いと崇める舌バカが可哀想/HOW TO大人◯◯◯ 実際はNGなプレイ/韓国の北朝鮮すりより恥さらしヒストリー/一番まずい弁当店/職業選択の自由がない人々/OLひとり◯◯◯座談会/EVフィーバーに踊らされるな!エンジン車はなくならない/西郷どんなど◯ロリストでも偉人扱い/小室哲哉最後に… 他 2/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 450円

グラビアギャラリー
まんが一億総非大人社会

 

まんが不幸な人一寸先は闇

 

まんが理不尽過ぎる現実異常な国ニッポン 未来が怖い

 

実録悪い人DX あわれなゴミ人間

 

まんが死ぬかと思った悲惨な話

 

まんが死ぬかと思った悲惨な話

 







芸能・エンタメ 2016.05.17(火)

藤原紀香が再婚早々「いずれ離婚」などとマスコミに囁かれる3つの理由とは?

 


藤原紀香は梨園の妻で収まり切れるのか!?

 3月30日に歌舞伎俳優の片岡愛之助(44)と再婚を果たしたものの、いまいち祝福ムードの盛り上がりに欠ける藤原紀香(44)。それどころか、土足厳禁の楽屋をブーツでズカズカ歩いては彼の弟子を呼びつけて注意したのを始め、舞台の最中にスマホをいじり続けて歌舞伎関係者から顰蹙を買ったり、先の熊本地震の際には、「火の国の神様、どうかどうかもうやめてください」などとブログに書き込み、「熊本の人たちに失礼」「梨園の妻としてふさわしくない」と世間から大バッシングを浴びるなど、やることなすことすべてが裏目に出ている印象が……。いったいぜんたい、彼女になにがあったのか?
「彼女に近しい人間の話によると、特に変わったわけでも悪気があってやってるわけでもなく、彼女特有のナチュラルすぎる言動が、去年あたりからことごとく世間の反感を買う形になっている模様。いや、実際、そうなんでしょう。ここまでくると、とりあえず誤解を受けやすい外に向けての発言に関しては当面慎んだほうがよいとも思われるのですが、根っからのアクティブな性格で、それをできないのが彼女たるゆえんでしょう」(芸能ライター)
 その個性ゆえ、彼女に対するバッシングは当分収まりそうもないが、中でも特に聞こえてくるのが結婚生活の不安について。よけいなお世話といえばそれまでだが、結婚早々一部のマスコミから「いずれ離婚は確実」などと言われるケースは、一寸先は闇と呼ばれる芸能界といえどもそうあるものでない。
「2人が離婚するであろう観測が出る根拠としては、3つのことが挙げられています。一つは昨年、『おしかけスピリチュアル』(テレビ東京)に出演した際、希代のスピリチュアリストでお馴染みのCHIEの占いが、『次に結婚する相手は一般人で、すでに会っている人』だったこと。CHIE自身、この占いには現在も相当な自信を持っているようで、結婚すべき相手は愛之助じゃなかったのでは? と言われています。もう一つは、前回の結婚時含め、コンスタントに自著をリリースしている幻冬舎から、なぜか今回はリリースする予定がないこと。噂によると、今回の結婚にあたって、当然のように同社からエッセイ本のリリースオファーがあったと言われていますが、彼女は頑なに拒んだとか……。そうして3つ目の理由は、元々友人関係だった2人ですが、急接近のきっかけと呼べるのが、昨年夏の彼女の主演ドラマ『ある日、アヒルバス』(NHKBSプレミアム)での共演。ドラマは好評でしたが、かつて、陣内との熱愛もドラマでの共演がきっかけであり、不吉なジンクスというのはやはり否めないでしょう(苦笑)」(同氏)
 正直、それぞれに関しては明確な根拠と言えない気もするものの、こうしてまとめて挙げられると、妙に説得力が増してくる感もあるから不思議(笑)。女優業に加え、支援やボランティアなど国際的な活動も長らく続けている彼女であり、今回の結婚は2020年の東京オリンピックに向けての壮大なヴィジョンの一環という見方もあるわけだが、はたして、今後どんな歩み、展開を見せてくれるのか。改めて、片時も目が離せないビッグな存在、それが藤原紀香なのだ。
(文・山口容子)

おすすめ書籍: N.Perfect body/藤原紀香(講談社)
http://books.rakuten.co.jp/rb/12092938/









  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事

▲売れてます!ロマン優光最新刊

全国書店・ネット書店で発売中!


おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 







募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 山口明 新日本プロレス 美しさ勉強講座 童貞 アイドル フジテレビ ロコドル ローカルアイドル 瀬名あゆむ 韓国 中国 オススメ 枡野浩一
Powered by Vivvo CMS v4.6