Home > 芸能・エンタメ

スマホ表示はこちら

月イチ連載・各隔週月曜

瀬名あゆむのアイドル革命!

南にこの千葉からアイドル革命

隔週火曜

鈴木詩子の痩せる飯

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

美しさ勉強講座

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.33
    実話BUNKA超タブーVol.33

    コンビニ・書店で5/1発売 通常毎月1日発売 550円

    オフィス北野は"たけし利権”のため"芸能界のドン"が作らせた!? ビートたけし独立騒動の真相/ニッポン売春の歴史/電通とアディダス暗躍でハリルホジッチ解任 日本サッカー界の闇/大谷翔平と国産メジャーリーガーアメリカで罵詈雑言だらけの現実/嘘つき総理安倍晋三 嘘まみれの半生/ラーメン二郎もっとも無愛想な店は?/情報バカを喰い物にする健康保険業界の裏/環境汚染大国韓国/首都圏民度低い路線/芸能人オ◯ペット番付/山健組総帥の座に… ほか

  • 実話BUNKAタブー 2018年7月号
    実話BUNKAタブー7月号

    5/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 480円

    TOKIO山口メンバー(元)女子高生淫行事件で激震 ジャニーズ帝国崩壊の真相/板門店宣言は韓国の無条件降伏だった/仲良くもないジジババに貴重な時間を奪われる町内会という地獄/韓国版ネトウヨ「クッポン」の醜悪差別っぷり/自衛隊にまつわる最低エピソード集/アラーキーのセクハラなんて生ぬるいエ□本業界の驚愕ハラスメント/事務所を独立した芸能人勝ち組負け組/OL座談会「わたしたちが絶対に◯◯◯したくない男」/世界の銃乱射事件大全 ほか

    ●当サイト連載杉作J太狼XE×ロマン優光の社会時評連載中! 今月のテーマは崎陽軒の弁当だけで3ページ! 必見!

グラビアギャラリー
芸能・エンタメ 2016.03.23(水)

批判続出(?)の月9『いつ恋』を擁護する:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載95

 


エスムラルダの「勝手にワイドショー!」

連載第95回 批判続出(?)の月9『いつ恋』を擁護する

 3月も下旬に入り、2016年1月期のドラマはほとんど終わったわね。
 ちなみにアタシ、以前このコラムで紹介した『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(以下、『いつ恋』)、『ダメな私に恋してください』(以下、『ダメ恋』)、『ナオミとカナコ』『わたしを離さないで』の4本は、最後までちゃんと観たわ! ただ、それぞれに見どころがあって面白かったのに、意外な健闘を見せた『ダメ恋』(『きょうは会社休みます。』といい、今は「漫画を原作にした、イケメンが二人以上出てくる、ダメなアラサー女子のベタなラブストーリー」が好調なのね)以外は、残念ながら、低視聴率のまま終了……。

 てか、「面白いドラマほど録画して繰り返し観たり、保存したりする」人も結構いるだろうに、そして地デジ化により、正確な数字を把握する手段はいくらでもあるだろうに、いまだにアナログな手法で算出される視聴率が基準とされ、それによってドラマの人気が判断されるなんて、本当にナンセンス。CMを飛ばされる可能性が高い「録画視聴」は、そりゃスポンサーにとっては意味ないかもしれないけど、リアルタイム視聴ばかりが優遇されるこの状況、なんだか釈然としないわ! ってアタシ、なに熱くなってるんだか。

 さて、今期のドラマの中で、放送開始当初から、何かと批判にさらされていたのが、『いつ恋』。「視聴率が低迷」(といっても、10%近い数字をキープしていたんだから、十分合格だと思うけど)とか「月9なのに暗くて地味」とか「ところどころ、会話が古臭い」とか「有村架純演じるヒロイン・音が訪れた病院に『放射能科』があった」とか「音が働いている施設がブラックすぎて、介護労働への偏見を生む」とか。それだけ、まだ「月9」への注目度が高いということなのかもしれないけど、なんだかちょっとかわいそう。

 確かに今回の月9、とってつけたような展開は随所に見られたわ。いい人キャラだった高良健吾演じる練が、突然ダークサイドに落ちてたり(でもすぐに更生)、音が階段から突き落とされて、重体に陥ったり(でもすぐに回復)。
 あと、批判を受けて途中で軌道修正したのか、練が働く引越し会社の同僚や、音が働く介護福祉施設の上司がいきなりいい人たちになっていたり、最終回で、練の親友男子と幼なじみ女子の距離がいきなり縮まっていたり、なんとなく全体的に説明不足な感じも。アタシ、「もしかして、視聴率の低さゆえに、放送時間が短縮されたり、一話カットされたりしたのかしら」とか、ついつい勘ぐっちまったわよ。

 でもね! アタシ、『いつ恋』、嫌いじゃなかったわ! ディテールの描き方とかセリフの言葉の選び方とか、いちいちひねりを効かせているところが、坂元裕二先生(脚本家)らしくて良かったし、手嶌葵の歌う主題歌がすごく美しくてドラマに合ってて、時々泣きそうになったし(ババア涙腺弱い)。明るくてわかりやすくてベタなドラマも好きだけど、そればかりじゃつまらない。地味で暗くて、でも雰囲気があったり会話が面白かったりするドラマも、アタシ、やっぱり観たいのよ。

 そして今回、視聴率低迷の責任を負わされてる感のある有村架純。かわいかったし、いい演技してたのに、やっぱりちょっとかわいそう。
 前にも書いたけど、架純って、『SPEC』シリーズでの野々村係長(竜雷太)の愛人役や、昼ドラの大問題作『ぼくの夏休み』のヒロインなどを経て、ようやく月9ヒロインにまでのし上がったのよね(ゴールデンタイムのヒロインが数年後に昼ドラのヒロインを演ることはよくあるけど、逆は稀)。一度や二度の低視聴率に負けずに、今後も頑張ってほしいわ!

(水曜連載)

【エスムラルダ:プロフィール】
えすむらるだ…1972年生まれ。94年よりドラァグクイーンとしての活動を開始し、各種イベント、メディア等に出演。2002年、東京都の『ヘブンアーティスト』ライセンスを取得。脚本家・ライターとしても活躍している。著書に「同性パートナーシップ証明、はじまりました。」(ポット出版、共著)
twitter:@esmralda001

エスムラルダ

連載バックナンバー(最新10件)はこちら →
http://bit.ly/1KS18O2
(コピペして検索窓に)


おすすめ書籍:「同性パートナーシップ証明、はじまりました。渋谷区・世田谷区の成立物語と手続きの方法」エスムラルダ、KIRA著(ポット出版)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13507222/

おすすめブルーレイ:いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう Blu-ray BOX【Blu-ray】 (ポニーキャニオン)※2016/6/22発売
http://books.rakuten.co.jp/rb/13856316/








  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事

吉田豪最新刊!


▲売れてます!ロマン優光最新刊

全国書店・ネット書店で発売中!


おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 山口明 新日本プロレス 美しさ勉強講座 童貞 アイドル フジテレビ ロコドル ローカルアイドル 瀬名あゆむ 韓国 中国 オススメ 枡野浩一
Powered by Vivvo CMS v4.6