Home > 芸能・エンタメ

スマホ表示はこちら


||||日替わり連載陣||||

月イチ連載・各隔週月曜

瀬名あゆむのAV vs アイドル

南にこの千葉からアイドル革命

隔週火曜

鈴木詩子の痩せる飯

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

美しさ勉強講座

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.30
    実話BUNKA超タブーVol.30

    慰安婦合意反故の韓国戦後対日関係トンデモ75年史/宮﨑あおい不倫報道の非清純過去/平昌五輪真の目的は李明博元大統領の極刑?/歌舞伎町ガイド人が案内デンジャラススポット巡り/人格破綻の暴力男星野仙一の正体/若頭社会不在最後の年に神戸山口組が仕掛ける大勝負/ダウンタウン浜田の黒塗りどころじゃない日本人差別の最低な名作/消費税延期で我慢も限界財務省の安倍政権潰し始まった ほか

    コンビニ・書店で2/1発売 通常毎月1日発売 550円

  • 実話BUNKAタブー 2018年4月号
    実話BUNKAタブー4月号

    階級社会ニッポンの絶望的な現実/尖閣諸島で日本が中国に圧勝/今日から入信可能!特選宗教ガイド/寿司を美味いと崇める舌バカが可哀想/HOW TO大人◯◯◯ 実際はNGなプレイ/韓国の北朝鮮すりより恥さらしヒストリー/一番まずい弁当店/職業選択の自由がない人々/OLひとり◯◯◯座談会/EVフィーバーに踊らされるな!エンジン車はなくならない/西郷どんなど◯ロリストでも偉人扱い/小室哲哉最後に… 他 2/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 450円

グラビアギャラリー
まんが一億総非大人社会

 

まんが不幸な人一寸先は闇

 

まんが理不尽過ぎる現実異常な国ニッポン 未来が怖い

 

実録悪い人DX あわれなゴミ人間

 

まんが死ぬかと思った悲惨な話

 

まんが死ぬかと思った悲惨な話

 







芸能・エンタメ 2016.03.09(水)

今、もっとも(?)幸せになってほしい女優・夏菜:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載93

 


エスムラルダの「勝手にワイドショー!」

連載第93回 今、もっとも(?)幸せになってほしい女優・夏菜

 青年実業家(顔はわからないけど、塩顔イケメンとの噂)とのキス写真が東京スポーツなどに掲載され、話題になっている、女優の夏菜。かなり情熱的な写真で、ネット上ではさまざまな意見が飛び交っているそう。

 アタシが初めて夏菜という存在を認識したのは、フジテレビ系のバラエティ「ピカルの定理」だったわ(ボーイズラブなコント「ビバリとルイ」が好きで、よく観ていたの……)。その前にもおそらく、ドラマとかCMとかで見かけてはいたと思うんだけど、例によって、あまり印象に残っていないの。イケメンだったら、どんなチョイ役だろうと、すぐに記憶するんだけどね。ババアオカマ、ほんとに現金。

 なお、最初のころはアタシ、あまり夏菜のことが好きじゃなかったの。ショートヘア、はっきりした気の強そうな目鼻立ち、ムッチリ感のあるボディ、そして「夏菜」という名前。そのすべてから、過剰なアグレッシブさやギラギラしたオーラがあふれていて、「な……なんかこの女、暑苦しい……」「ちょっと苦手……」と思っちまったのよ。

 その夏菜が2012年10月から朝の連続テレビ小説『純と愛』のヒロインを務めることになり、半年前の同年3月に、『ピカルの定理』を卒業。番組内で、涙ながらにお別れと感謝のコメントを述べる夏菜を見ながら、アタシ、「夏菜、きっと『これからアタシは、格上の存在になるんだ』『バラエティでいじられたりはたかれたりするのは、これでおしまい』と思ってるんだろうなァ」と勝手に想像し、夏菜に輝かしい未来が待っていることを、信じて疑わなかったわ(ずっと『ピカルの定理』を観続けているうちに、情が移っちゃったの。ババア、単純……)。なにせ『純と愛』の脚本は、『家政婦のミタ』で高視聴率を叩きだしたばかりの遊川和彦先生。きっと『純と愛』もヒットするんだろうな、と思ったの。

 ところが! 『純と愛』は「登場人物の誰にも共感できない」「登場人物が誰も救われない」「最終回で、唐突にヒロインが海辺で、一人で延々と演説をする」という、大変な問題作になり(まあ、前にも書いたように、現代ものの朝ドラって、割と破綻しがちではあるんだけど)、視聴率は低迷。
 そして、おそらく誰よりもそのダメージを食らったのが、夏菜。どうやら遊川先生含めスタッフサイドには、「朝ドラの伝統を壊したい」という思いがあり、あえて嫌われるタイプのヒロインにしたらしいんだけど、「自分の能力を過信し、周りの気持ちも考えずに突っ走っては、次々にトラブルを起こす」というキャラクター設定が、おそらく夏菜にハマりすぎていたのよね……。おかげで、ヒロインと共に夏菜も嫌われてしまい、ドラマやCMにちょくちょく出演はするものの、なんとなく報われない感じに。一時はバラエティ番組で「常に寂しくて常に孤独を感じている」とか「枕に顔をうずめ叫んでいる」と言っていたこともあったみたい。

 というわけで、アタシの中で夏菜は「同情すべき女優ランキング」のかなり上位に位置していたんだけど……。現在出演中のドラマ『スペシャリスト』は、今期の中では高視聴率らしいし、今回スクープされた相手は、「酒の卸やブランドコンサルタントに加え、商品開発の会社も経営している、港区の高級マンションに住むお金持ち」とのことだし、すでに2年近くおつきあいしているというし、順調そうでひと安心(余計なお世話)。

 それにしても、一年前のキス写真がなぜ今ごろ流出したのかは、ちょっぴり気になるところ。ドラマが好調な今、夏菜サイドが話題を振りまいて存在感をアピールしようとしているのか、あるいはこの報道によって、一気に結婚に持ち込もうとしているのか。それとも単に、時間差で写真が東スポに持ち込まれただけなのか……。
 いずれにしろ、アテが外れて朝ドラで苦労した分、夏菜には幸せになってほしい気もするわ。頑張れ夏菜!

(水曜連載)

【エスムラルダ:プロフィール】
えすむらるだ…1972年生まれ。94年よりドラァグクイーンとしての活動を開始し、各種イベント、メディア等に出演。2002年、東京都の『ヘブンアーティスト』ライセンスを取得。脚本家・ライターとしても活躍している。著書に「同性パートナーシップ証明、はじまりました。」(ポット出版、共著)
twitter:@esmralda001

エスムラルダ

連載バックナンバー(最新10件)はこちら →
http://bit.ly/1KS18O2
(コピペして検索窓に)


おすすめ書籍:「同性パートナーシップ証明、はじまりました。渋谷区・世田谷区の成立物語と手続きの方法」エスムラルダ、KIRA著(ポット出版)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13507222/

おすすめ写真集:The Gravure 夏菜写真集 (集英社)
http://books.rakuten.co.jp/rb/12607870/









  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事

▲売れてます!ロマン優光最新刊

全国書店・ネット書店で発売中!


おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 







募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 山口明 新日本プロレス 美しさ勉強講座 童貞 アイドル フジテレビ ロコドル ローカルアイドル 瀬名あゆむ 韓国 中国 オススメ 枡野浩一
Powered by Vivvo CMS v4.6