Home > 芸能・エンタメ

スマホ表示はこちら

月イチ連載・各隔週月曜

瀬名あゆむのアイドル革命!

南にこの千葉からアイドル革命

隔週火曜

鈴木詩子の痩せる飯

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

美しさ勉強講座

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.33
    実話BUNKA超タブーVol.33

    コンビニ・書店で5/1発売 通常毎月1日発売 550円

    オフィス北野は"たけし利権”のため"芸能界のドン"が作らせた!? ビートたけし独立騒動の真相/ニッポン売春の歴史/電通とアディダス暗躍でハリルホジッチ解任 日本サッカー界の闇/大谷翔平と国産メジャーリーガーアメリカで罵詈雑言だらけの現実/嘘つき総理安倍晋三 嘘まみれの半生/ラーメン二郎もっとも無愛想な店は?/情報バカを喰い物にする健康保険業界の裏/環境汚染大国韓国/首都圏民度低い路線/芸能人オ◯ペット番付/山健組総帥の座に… ほか

  • 実話BUNKAタブー 2018年7月号
    実話BUNKAタブー7月号

    5/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 480円

    TOKIO山口メンバー(元)女子高生淫行事件で激震 ジャニーズ帝国崩壊の真相/板門店宣言は韓国の無条件降伏だった/仲良くもないジジババに貴重な時間を奪われる町内会という地獄/韓国版ネトウヨ「クッポン」の醜悪差別っぷり/自衛隊にまつわる最低エピソード集/アラーキーのセクハラなんて生ぬるいエ□本業界の驚愕ハラスメント/事務所を独立した芸能人勝ち組負け組/OL座談会「わたしたちが絶対に◯◯◯したくない男」/世界の銃乱射事件大全 ほか

    ●当サイト連載杉作J太狼XE×ロマン優光の社会時評連載中! 今月のテーマは崎陽軒の弁当だけで3ページ! 必見!

グラビアギャラリー
芸能・エンタメ 2016.01.28(木)

「お塩先生」のライブ活動再開に思う:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載87

 


エスムラルダの「勝手にワイドショー!」

連載第87回 「お塩先生」のライブ活動再開に思う

 S●AP騒動がひと段落した(というか、これ以上メディアが騒がないよう手が打たれた?)……かと思えば、再びゲス川谷ベッキー問題が再燃したり、甘利大臣の金銭授受疑惑が発覚したり、野々村元議員が裁判でおかしな言動を繰り返したり、小保方さんが手記の出版を発表したりと、毎日昼ドラ並みの勢いでいろんな事件が起こっている2016年1月。
みんな、少し落ち着こうよ……。

 そしてそんな中、なんと! 「お前らが今付き合ってる女は、俺と付き合えないから、仕方なくお前らと付き合ってるんだ」など、数々の名言・迷言で知られる「お塩先生」こと押尾学が、23日に渋谷で行われたライブイベントに、バンド(といっても、ソロユニット?)「LIV」のボーカルとしてゲスト出演した、とのこと。

 みなさんご存知のように、押尾学は2009年8月に六本木ヒルズのマンションの一室でホステスと共にMDMAを服用し、そのホステスが死亡。麻薬取締法違反(自己使用&譲渡)および、「ホステスが意識不明に陥ったにもかかわらず、119番通報をしなかった」ことから、保護責任者遺棄の罪に問われ、執行猶予なし、2年半の実刑判決が確定(この事件の背景や「真相」については諸説あるけど、収拾がつかなくなるので、ここではあえて無視)。

 おかげで、毎年クリスマス前に必ず再放送されていたドラマ「やまとなでしこ」が放送されなくなり、松嶋菜々子や脚本家の中園ミホ先生に印税が入らなくなったり、ゴールデンタイムの連ドラの主役級だった元妻・矢田亜希子が、すっかり昼ドラ・二時間ドラマ要員となったり(いや、昼ドラや二時間ドラマが悪いわけじゃないのよ! てか、矢田ちゃんのは押尾学のせいばかりとは言い切れないか)……と、多方面に影響が。

 それなりに人気を博した芸能人としては、最悪レベルのスキャンダルを引き起こし、「芸能界復帰は絶対不可能」と言われていた押尾学。なのに、こんなに早く表舞台に戻って来るなんて。好青年イメージのタレント(向●理とか福●蒼●とか)が同じようなことをやらかしたら、完全にアウトだろうけど、最初から「何をやらかしてもおかしくない」というイメージが強いと、逆に有利(?)ね。
 しかも押尾学、ライブの最後に「また会いましょう」と言ったらしく、音楽活動を続ける気満々の様子。さすがかつて「俺の音楽にロックを感じない奴は二度とロックの本質に触れられない」「音楽で、社会現象くらいは起こしてやろうっていうのは考えてる」と豪語しただけあるわ……(本当かどうかしらんけど)。

 しかし、ライブにつめかける(野次馬根性でなく、ガチで)ファンが、いまだにちゃんと存在する、というのもすごいわね。彼らはいったい、押尾学のどこに魅力を感じているのかしら(ちなみにアタシ、恥ずかしながら押尾学の顔、決して嫌いじゃない)。そして周りの人たちには、自分が押尾学のファンであることを公言しているのかしら。ちょっぴり気になるわ……。

 なお出所後、突撃取材した写真週刊誌の記者に「ぶっちゃけ、けっこう儲かってる。何をやってるかは言えないけど、芸能界の頃より全然儲かってるよ」と語った、という押尾学。アタシ、人生って何度でもやり直せてしかるべきだと思ってるし、押尾学になんの恨みもないけど、ここまで「世にはばかられ」ちまうと、「なぁんだ、結局やったもんがちなんだ」と思っちまう人が増えそうで、ちょっぴり複雑な気分。
 ちなみに押尾学、最近は某大物政治家の事務所でお茶くみをしたりしている、とのこと。そのまま政治家を目指し、本気で「先生」になろうとか思いはじめたら……さすがに面白いので、試しに出馬くらいはしてみてほしい気もするわ(当選してほしくはないけど)。

【エスムラルダ:プロフィール】
えすむらるだ…1972年生まれ。94年よりドラァグクイーンとしての活動を開始し、各種イベント、メディア等に出演。2002年、東京都の『ヘブンアーティスト』ライセンスを取得。脚本家・ライターとしても活躍している。著書に「同性パートナーシップ証明、はじまりました。」(ポット出版、共著)
twitter:@esmralda001

エスムラルダ

連載バックナンバー(最新10件)はこちら →
http://bit.ly/1KS18O2
(コピペして検索窓に)


おすすめ書籍:「同性パートナーシップ証明、はじまりました。渋谷区・世田谷区の成立物語と手続きの方法」エスムラルダ、KIRA著(ポット出版)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13507222/

イメージ画像:Mi Vida Loca/LIV(MCA)廃盤
http://books.rakuten.co.jp/rb/3864206/








  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事

吉田豪最新刊!


▲売れてます!ロマン優光最新刊

全国書店・ネット書店で発売中!


おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 山口明 新日本プロレス 美しさ勉強講座 童貞 アイドル フジテレビ ロコドル ローカルアイドル 瀬名あゆむ 韓国 中国 オススメ 枡野浩一
Powered by Vivvo CMS v4.6