Home > 芸能・エンタメ

スマホ表示はこちら


||||日替わり連載陣||||

毎週月曜

瀬名あゆむのAV vs アイドル

隔週火曜

新日最強通信

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

美しさ勉強講座

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.27
    実話BUNKA超タブーVol.27

    北朝鮮有事最悪のシナリオ/元SMAP巡る芸能界権力闘争の舞台裏/安倍首相の出身企業 神戸製鋼悪魔の正体/石原さとみ誰がどう見ても…/創価学会が与党大勝の影に/総連オススメ激ウマ飲食店ガイド/山口組分裂による社会混乱世間知らず警察官僚が大元凶/恋人の聖地名乗る図々しいスポット×27/すべて北朝鮮の陰謀だった ほか

    コンビニ・書店で11/1発売 通常毎月1日発売 550円

  • 実話BUNKAタブー 2018年1月号
    実話BUNKAタブー1月号

    朝ドラ『わろてんか』放映記念 お笑い独占企業吉本興業暗黒体質/バカ議員当選させた民度低い市町村/元AVライター狂ったAV業界への決別/土建屋のせいで貧乏人がますます貧乏に/中国の独裁者習近平恐るべき素顔/杉作J太狼XS×ロマン優光 最上もがと女子校生流行語に激論/池に落ちた小池百合子/鬼畜犯罪者20/本当に13万以上のスマホが必要ですか?iPhoneX買うヤツはマヌケ ほか 11/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 450円

グラビアギャラリー
実録!体験談刑務所の中 正直シャバより幸せです!

 

まんが不幸な人

 

実録悪い人DX

 

関わったら負け!!地雷ニンゲン地獄変

 

実話マッドアックス


芸能・エンタメ 2016.01.25(月)

篠崎愛が韓国グラビア男性誌の表紙に、3種の異例展開で予約完売

 


撮影動画をネット生中継で韓国国民が再注目

 篠崎愛が表紙の「MAXIM(韓国版)」2016年2月号が、韓国全土で1月25日に発売された。ネット書店では発売前からオール1位、予約対応分の1,700部は完売、品切れとなったという。これは韓国出版の長期不況のなかで(MAXIMでは)90年代以降始めてとのことだ。「メッシとロナウドが1つになったような夢の組み合わせ」といった派手な宣伝文で、表紙も3種類という破格の特別扱い。当サイトでは一番おとなしい表紙を掲載したが、他は「水着でプールの断面のガラスに胸を押さえつけている」「水着をななめ上から撮影し、胸を強調」したものがある。

 これの画期的なところは、篠崎愛の表記がハングルではない(日本語とローマ字)という点か。通常、韓国の雑誌表紙で日本語表記はまずなく、今回最大限の敬意が払われていることがわかる。近年、日本のタレントも韓国にそれなりに進出しているものの、日本で無名なケースが多く、知名度のある日本人女性タレントが韓国の男性雑誌でこれだけのことをするのは前例のないこと。かなり特別扱いとなっているのだ。なぜ彼女の価値が韓国では高いのか? 篠崎は昨年、韓国の有名バンドFTISLANDのとあるメンバーと熱愛説が出たこともあり、違法に出回った画像や動画を多くの人が見ていることから知名度が高いのだそうだ。今回は韓国のネット動画配信サイト「アフリカTV」で表紙撮影現場を生中継したこともあり、再び注目を集めたという(日本では1,045人しか見ていないが…)。

 ところで「MAXIM」といえば、昨年9月に「女性を車のトランクに入れ、縛られた足だけが出ており、悪役俳優キム・ビョンオクがトランクの蓋を押さえやくざ風にタバコを吸う表紙」が問題となって回収された事件が日本のネットニュースでも記憶に新しいが、この事件は低俗の極みではあるものの、この雑誌実は韓国では洗練されたハイセンス男性誌という位置づけだ。なぜハイセンスか、といえば米国からライセンスを受けている雑誌だからに他ならないのだが、印刷もグラビアも美しい。だが雑誌市場が日本よりもかなり先に壊滅的となっている韓国ではこれくらいの大胆な試みがないと生き残りが難しい状況で、やや表現が過激になる傾向があるのだろう。今回の篠崎愛が表紙3種類と大きなプロモーションとなったのは、日韓でそれなりに有名ながら、大きく展開できていない篠崎と規制の厳しい韓国でグラビアの紙メディアを売る材料が欲しい出版社双方の利益が一致したのではないかと思われる。

 この「MAXIM」は、同社サイト(韓国語)からは表紙3種ともが購入できるほか、今回の号に限っては日本の某メジャーネット書店でも購入できるようになるという(※数日遅れの予定)。他にも、編集部で「MAXIM KOREA」「MAXIM 篠崎愛」などの名称で検索したところ、楽天市場やYahoo!ショッピングなどいくつかのショッピングサイト出店社でも並行輸入がされているようだ。また英語・韓国語となるがiPhone/Andloidのアプリの公式ストアから「MAXIM KOREA HD」アプリをダウンロードすると、電子書籍として安価に購入もできるとか。

 篠崎愛は、韓国のみならず活動範囲を広げており、1月末には台湾でのライブも行うが、「MAXIM」のこの号はほぼ完売が確実視されており、今後はこの商品価値を足がかりに韓国で本格展開をしていくのだろうか。

(文・KUS OBUKURO)
おすすめ雑誌:MAXIM KOREA (韓国雑誌) / 2016年2月号(ワイメディア)(楽天・ソウルライフレコード扱い) http://item.rakuten.co.jp/s4life/10045909/

※写真はATYPE





  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事


おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 








募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 山口明 杉作J太郎 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 新日本プロレス 童貞 アイドル 美しさ勉強講座 フジテレビ 韓国 中国 オススメ 枡野浩一 ダイエット NHK ウンザリ
Powered by Vivvo CMS v4.6