Home > 芸能・エンタメ

スマホ表示はこちら

月イチ連載・各隔週月曜

瀬名あゆむのアイドル革命!

南にこの千葉からアイドル革命

隔週火曜

鈴木詩子の痩せる飯

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

美しさ勉強講座

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.33
    実話BUNKA超タブーVol.33

    コンビニ・書店で5/1発売 通常毎月1日発売 550円

    オフィス北野は"たけし利権”のため"芸能界のドン"が作らせた!? ビートたけし独立騒動の真相/ニッポン売春の歴史/電通とアディダス暗躍でハリルホジッチ解任 日本サッカー界の闇/大谷翔平と国産メジャーリーガーアメリカで罵詈雑言だらけの現実/嘘つき総理安倍晋三 嘘まみれの半生/ラーメン二郎もっとも無愛想な店は?/情報バカを喰い物にする健康保険業界の裏/環境汚染大国韓国/首都圏民度低い路線/芸能人オ◯ペット番付/山健組総帥の座に… ほか

  • 実話BUNKAタブー 2018年7月号
    実話BUNKAタブー7月号

    5/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 480円

    TOKIO山口メンバー(元)女子高生淫行事件で激震 ジャニーズ帝国崩壊の真相/板門店宣言は韓国の無条件降伏だった/仲良くもないジジババに貴重な時間を奪われる町内会という地獄/韓国版ネトウヨ「クッポン」の醜悪差別っぷり/自衛隊にまつわる最低エピソード集/アラーキーのセクハラなんて生ぬるいエ□本業界の驚愕ハラスメント/事務所を独立した芸能人勝ち組負け組/OL座談会「わたしたちが絶対に◯◯◯したくない男」/世界の銃乱射事件大全 ほか

    ●当サイト連載杉作J太狼XE×ロマン優光の社会時評連載中! 今月のテーマは崎陽軒の弁当だけで3ページ! 必見!

グラビアギャラリー
芸能・エンタメ 2016.01.07(木)

泣きどころ満載だった、2015年紅白歌合戦:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載84

 


エスムラルダの「勝手にワイドショー!」

連載第84回 泣きどころ満載だった、2015年紅白歌合戦

 みなさん、あけましておめでとう! 2016年もどうぞ、よろしくね。
 さて、みなさんは昨年末の紅白歌合戦、ご覧になったかしら?
「第2部の視聴率が、2部制になった平成元年以降のワースト」と話題になっているみたいだけど(って、視聴者の大半は部ごとの視聴率なんか、気にしちゃいないわよね)、アタシ的には結構、泣きどころの多い紅白だったわ。

 まずは、SexyZone。一時はまるでジャニーズJr.かのような扱いを受けていたマリウス葉と松島聡が、再び他の3人と同等のメンバー(?)として、紅白のステージに。昨年の、マリウスと佐藤勝利の太鼓をめぐる争い(詳しく知りたい人は「SexyZone 太鼓」で要検索)を思い出し、おばさん、ちょっと目頭が熱くなったわ。マリウス、松島、おめでとう。よかったね……。

 そして、「125人のラガーマンに囲まれて『男花』を熱唱」する氷川きよしの姿に「きよし的には、この演出OKなの? どうなの?」と心の中で涙し(ちなみに、アタシの周りのオカマたちは大喜び)、「又吉先生のアシスタント」という役回りを徹底的に演じきるピース綾部の健気さにも涙。
 あと、小林幸子と水森かおりの対決には、「なるほど、今回はそういう棲み分け方法を選んだのね」と感心しつつ、「でもかおり、巨大衣装着たかったんじゃないかな……」とまたもや涙。

 でもね……。一番心がざわついたのは、森進一先生のたたずまい。
 メンテナンスが追いついているのかいないのか、もはやよくわからない状態の森先生を、アップで映すカメラ。そして、『ギンギラギンにさりげなく』を歌うマッチ(どうでもいいけど、マッチの演出が意外とシンプル&白組が負けたことにびっくり。アタシの予想大外れね)のすぐ斜め後ろで、所在なげな様子で手拍子を打ちつつ、でもサビのところで突然、マイクを口に近づけていた森先生。あれ、一緒に歌ってらしたのかしら……。
 いやもう、森先生、目が離せなさすぎる。今回で紅白卒業なんて、もったいないわ……。

 他にも、うっすら涙目で「僕たちはいつか終わるから 踊る いま」と歌う星野源に、(これはわりとガチで)泣かされそうになったり、視聴者置いてけぼりで独自の世界観を繰り広げていた椎名林檎に思わず見入ったり、今井美樹様の顔の強張りが気になったり、「ゲスの極み乙女。の川谷絵音とmiwaは、言葉を交わしたりしたのだろうか」(川谷はかつて、ツイッターでmiwaをディスった過去あり)とハラハラしたり。
 なんだかんだ言われてはいるけど、やっぱり紅白って、さまざまな人間模様が見られる、素敵な番組だと思うわ!

 って、本当は今回、紅白からの流れでゲス極川谷×ベッキーの不倫報道に触れようと思ったんだけど……。紅白だけで文字数いっぱいになっちゃった……。
 というわけで、川谷ベッキーについては次回以降、気が向いたら書くわね!

そして最後に唐突な告知も!
※「集まれ!ミュージカルのど自慢 東京大会」にエスムラルダ出場決定。
5月30日に帝国劇場で行われるファイナル進出をめざして歌います。

日時:2016年1月23日(土) 15時~
場所:昭和女子大学人見記念講堂

観覧希望は以下のサイトから
https://wwws.toho-ad.com/nodojiman_audience/

【エスムラルダ:プロフィール】
えすむらるだ…1972年生まれ。94年よりドラァグクイーンとしての活動を開始し、各種イベント、メディア等に出演。2002年、東京都の『ヘブンアーティスト』ライセンスを取得。脚本家・ライターとしても活躍している。著書に「同性パートナーシップ証明、はじまりました。」(ポット出版、共著)
twitter:@esmralda001

エスムラルダ

連載バックナンバー(最新10件)はこちら →
http://bit.ly/1KS18O2
(コピペして検索窓に)


おすすめ書籍:「同性パートナーシップ証明、はじまりました。渋谷区・世田谷区の成立物語と手続きの方法」エスムラルダ、KIRA著(ポット出版)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13507222/








  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事

吉田豪最新刊!


▲売れてます!ロマン優光最新刊

全国書店・ネット書店で発売中!


おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 山口明 新日本プロレス 美しさ勉強講座 童貞 アイドル フジテレビ ロコドル ローカルアイドル 瀬名あゆむ 韓国 中国 オススメ 枡野浩一
Powered by Vivvo CMS v4.6