Home > 芸能・エンタメ

スマホ表示はこちら


||||日替わり連載陣||||

月イチ連載・各隔週月曜

瀬名あゆむのAV vs アイドル

南にこの千葉からアイドル革命

隔週火曜

鈴木詩子の痩せる飯

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

美しさ勉強講座

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.30
    実話BUNKA超タブーVol.30

    慰安婦合意反故の韓国戦後対日関係トンデモ75年史/宮﨑あおい不倫報道の非清純過去/平昌五輪真の目的は李明博元大統領の極刑?/歌舞伎町ガイド人が案内デンジャラススポット巡り/人格破綻の暴力男星野仙一の正体/若頭社会不在最後の年に神戸山口組が仕掛ける大勝負/ダウンタウン浜田の黒塗りどころじゃない日本人差別の最低な名作/消費税延期で我慢も限界財務省の安倍政権潰し始まった ほか

    コンビニ・書店で2/1発売 通常毎月1日発売 550円

  • 実話BUNKAタブー 2018年4月号
    実話BUNKAタブー4月号

    階級社会ニッポンの絶望的な現実/尖閣諸島で日本が中国に圧勝/今日から入信可能!特選宗教ガイド/寿司を美味いと崇める舌バカが可哀想/HOW TO大人◯◯◯ 実際はNGなプレイ/韓国の北朝鮮すりより恥さらしヒストリー/一番まずい弁当店/職業選択の自由がない人々/OLひとり◯◯◯座談会/EVフィーバーに踊らされるな!エンジン車はなくならない/西郷どんなど◯ロリストでも偉人扱い/小室哲哉最後に… 他 2/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 450円

グラビアギャラリー
まんが一億総非大人社会

 

まんが不幸な人一寸先は闇

 

まんが理不尽過ぎる現実異常な国ニッポン 未来が怖い

 

実録悪い人DX あわれなゴミ人間

 

まんが死ぬかと思った悲惨な話

 

まんが死ぬかと思った悲惨な話

 







芸能・エンタメ 2015.12.24(木)

西内まりや、祝・日本レコード大賞優秀作品賞にノミネート!:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載82

 


エスムラルダの「勝手にワイドショー!」

連載第82回 祝・日本レコード大賞優秀作品賞にノミネート! 西内まりや

 今年5月にリリースされた3rdシングル『ありがとうForever...』が、日本レコード大賞優秀作品賞にノミネート。「そんな歌聴いたことない」「またごり押しか……」とネット上で批判されている西内まりや。

 まあ、とやかく言われるのも、わからなくはないわね。
 実際アタシも、まりやには驚かされることばかり。ドラマ『GTO』の生徒役で、なんとなく顔だけは知ってた……程度だったのに、気がつけばゴールデンタイムの連ドラ(『ホテルコンシェルジュ』)で主役を張っていたり、歌を歌っているなんて全然知らなかったのに、気がつけばレコ大の最優秀新人賞を獲っていたり、気がつけば、石橋●明にセクハラされていたり。
 アタシが若い女性タレント事情に疎いだけかもしれないけど、昨年まりやと新人賞を争ったらしい大原櫻子に関しては、ドラマで何度か観ているし(たまたま男性俳優目当てで観ていた「水球ヤンキース」と「恋仲」に出てた)、歌も一、二度は聴いたことあるもの。まりやが歌手(しかも作詞作曲まで)をやっていることを知っている人って、相当限られるんじゃないかしら……。

 ただ、レコ大へのごり押しって本当に意味あるのかしら。
 そりゃアタシも、昔は大騒ぎしながらレコ大を観ていたわよ。大みそかは「レコ大と紅白をハシゴする」というのがお決まりのコースだったし、「中森明菜が大賞獲った!」とか「菊池桃子が新人賞辞退した!」とかいちいちハラハラしていたし(当時はまだ子どもだったので、「出来レース」という言葉を知らなかったの)。
 ところが大人になるにつれて関心が薄れ、放送が12月30日に変わってからは一度も観ていないわ……。おそらくそういう人は少なくないだろうし、今、レコ大にねじ込んでも、たいしてハクもつかずセールス面での効果もないどころか、今回みたいに「ごり押し」と騒がれるだけだと思うのよね。
 もっともアタシみたいに、騒ぎのおかげで、「まりやが歌っていることを知った」「まりやの歌を初めて聴いた」って人もいるだろうけど。って、もしやアタシ、またまんまと炎上商法にひっかかった?

 それにしても、西内まりや。この原稿を書くにあたって調べてみたところ、事務所的には「第二の安室奈美恵にするべく、猛プッシュしているらしい」とのことだけど……。
全体的に薄味感が否めないわね……。
 なんせ安室は「小学生のころ、お金がなかったため、週3回、片道1時間半かけて、歩いてアクターズスクールまで通った」「小室哲哉の曲で大ヒットを連発したものの、ファンが離れるのを覚悟で、音楽の方向性をガラッと変更」「ライブではほとんど話さない(せいぜい『今日はありがとう』くらい)」といった、鉄の意思の持ち主。いくらまりやが小学3年から6年間、バドミントンに励んでいたとはいえ、そう簡単には後釜にはなれないと思うのよ。
 ちなみにまりや、この夏に長渕剛が開催したライヴに関するインタビューで「ギター1本でどこにでも行く、長渕さんの背中を追いかけているんです。長渕さんみたいなアーティストになりたい」と発言したとのこと。安室と長渕……。共通点が見当たらない……。

 あと、西内まりや、名前があまりにも「竹内まりや」と似すぎ!(本名だから仕方ないけど) 木村佳乃と木村文乃とか井戸田潤と池井戸潤とか上戸彩と綾戸智絵とか、名前が紛らわしい有名人はたくさんいるけど、ビッグネームすぎる先輩と名前が似ていると、それだけで二番煎じ感があって、ちょっぴり不利な気がする……のは、アタシだけかしら。

 とまあ、いろいろ書いてきたけど、ごり押し(?)によるバッシングを受けてかわいそうなのは、むしろまりや本人。女優になりたいのかシンガーソングライターになりたいのか、イマイチよくわからないけど、個人的には顔も歌声も嫌いじゃないので、とにかくめげずに頑張ってほしいわ!

【エスムラルダ:プロフィール】
えすむらるだ…1972年生まれ。94年よりドラァグクイーンとしての活動を開始し、各種イベント、メディア等に出演。2002年、東京都の『ヘブンアーティスト』ライセンスを取得。脚本家・ライターとしても活躍している。著書に「同性パートナーシップ証明、はじまりました。」(ポット出版、共著)
twitter:@esmralda001

エスムラルダ

連載バックナンバー(最新10件)はこちら →
http://bit.ly/1KS18O2
(コピペして検索窓に)


おすすめ書籍:「同性パートナーシップ証明、はじまりました。渋谷区・世田谷区の成立物語と手続きの方法」エスムラルダ、KIRA著(ポット出版)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13507222/

おすすめCD:Save me (通常盤 CD+DVD) 西内まりや(エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13367362/









  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事

▲売れてます!ロマン優光最新刊

全国書店・ネット書店で発売中!


おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 







募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 山口明 新日本プロレス 美しさ勉強講座 童貞 アイドル フジテレビ ロコドル ローカルアイドル 瀬名あゆむ 韓国 中国 オススメ 枡野浩一
Powered by Vivvo CMS v4.6