Home > 芸能・エンタメ

スマホ表示はこちら


||||日替わり連載陣||||

毎週月曜

瀬名あゆむのAV vs アイドル

隔週火曜

新日最強通信

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

美しさ勉強講座

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.25
    実話BUNKA超タブーVol.25

    まずい高い嫌いな飲食店総選挙/北朝鮮ミサイル計画でわかった日本はやはりアメリカの盾にすぎない/出身AV女優で見る性モラルの低い都道府県/ドラクエ使って不倫のただれた実態/お先真っ暗な将棋界の未来 ほか

    コンビニ・書店で9/4発売 通常毎月1日発売 550円

  • 実話BUNKAタブー 2017年11月号
    実話BUNKAタブー11月号

    裸の王様松本人志を誰か止めてくれ/米朝開戦前夜トランプVS金正恩究極のバカ独裁者決定戦/米軍基地ある街どこも…/マクドナルド黒歴史/北朝鮮系在日告白 日本に住む北朝鮮の人々の実態/ルポ 生活保護受給日の受給者の行動を追ってみた/空気に流されてまた戦争突入確実! 日本人の救いがたい国民性/親が死んだら絶対やるべきこと/まずいカレー2017 9/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 450円

グラビアギャラリー
実録悪い人DX

 

関わったら負け!!地雷ニンゲン地獄変

 

実話マッドアックス

 

まんがどうかしている悪人たち壊れてる人

 

まんがこれが現実 貧しい日本

 

10億円的中!!ハイブリッド電卓ボード


芸能・エンタメ 2015.11.12(木)

華原朋美・今、一番幸せになってほしい女性アーティスト:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載76

 


エスムラルダの「勝手にワイドショー!」

連載第76回 今、一番幸せになってほしい女性アーティスト・華原朋美

 今年、歌手デビュー20周年を迎え、6月にベスト盤「ALL TIME SINGLES BEST」をリリース、8月にメモリアルブック「華原朋美を生きる。」を刊行した、朋ちゃんこと華原朋美。
 一方で先日、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」に、2週連続で登場し、自作のカルタで芸能生活を振り返りつつ、かつてココリコ遠藤に口説かれたこと、小室哲哉との交際中のエピソード、本間朋晃や竹田恒泰にまつわる裏話などを暴露し、さらには「『朋ちゃん』の不思議キャラは作られたもの」「(芸能界でやっていくためには)コビを売るのは当たり前」「よく2チャンネルをチェックしている」「超ドSだけど、できれば最後はドMで終わりたい」(?)など、あけっぴろげすぎるトークを展開。一部では「痛々しい」「暴露話しか手段がない」などと言われている、とのこと。

 で、アタシも「ガキつか」の動画を観てみたんだけど……面白かったわ。朋ちゃんがあまりにもあっけらかんと話すので、さほど痛々しさも感じず。まあ、あのかわいらしいルックスと「朋ちゃん」って呼び名に惑わされがちだけど、朋ちゃんももう41歳。ぶっちゃけトークが似合うお年頃(?)ではあるのよね。
 あと、本人も言っているように、朋ちゃん自身が、そもそもはっちゃけたキャラ。「遠峯ありさ」の名前で「天使のU・B・U・G」(1994年10月から1995年3月までフジテレビ系で深夜に放送されていたバラエティ番組)に出演していたころなんて、気の強さを隠そうともしていなかったし。
 ちなみに朋ちゃんは、その番組の打ち上げの席で、番組プロデューサーから「小室さんが『遠峯さんに会いたい』と言っている」と伝えられたらしいんだけど、それから半年後に名前もキャラもガラリと変え、「華原朋美」としてデビュー。小室パワー全盛期で、しかも今みたいに、ネットですぐに情報が拡散する時代じゃなかったから可能だったのかもしれないけど、すごい力技よね。芸能界怖い。

 なおアタシは、デビュー当時の朋ちゃんに対し、あまりいい印象を抱いていなかったの。
朋ちゃんがそこはかとなく漂わせていた「ガツガツ感」が、ちょっと苦手だったのよね。
 ところが、小室哲哉が朋ちゃんに書く曲に、あからさまに手抜き感が漂うようになり、朋ちゃんの様子がおかしくなりはじめたころから、アタシ(や周りのオカマたち)の視線は釘づけに。新宿二丁目のクラブでは、定期的に「TK GROOVE」という「小室哲哉の曲ばかりをひたすら流し続けるイベント」が不定期で開催されていて、アタシもほぼ毎回出演させていただいているんだけど、そこでも朋ちゃんは大人気。ショータイムで、出演者6人中4~5人が朋ちゃんのネタをやる、なんてこともあるわ。ほかにもhitomiとかtohkoとか、ほかにも小室ファミリーはたくさんいるのに、オカマたち、どこまで朋ちゃん好きなのか……。

 そんなわけで、さんざん話やショーのネタにさせていただきつつ、でも割と本気で朋ちゃんのことを心配していたアタシたち。朋ちゃんがすっかり元気になってくれて、ホッとしているわ。
 ただ、ガキつかを観てあらためて思ったんだけど、朋ちゃんっておそらく「与えられた役割を一生懸命こなそうとする」タイプなのよね。だからこそ過剰適応して、疲れちまうんじゃないかしら。なので今後、「ぶっちゃけキャラ」を期待されると、それはそれで暴走しすぎたり、疲弊したりしてしまいそう。

 Wikipediaの「来歴」なんかを見ると、今までがむしゃらに頑張ってきたわりに、仕事においても恋愛においても、イマイチ報われないことの方が多かった朋ちゃん(大ヒットした時期があるだけ幸せなのかもしれないけど、その代償も大きかったわけだし)。
 正直、今後どういう売り方をしていくのが朋ちゃんにとってベストなのかはまったくわからないし、アタシがそれを考える意味も義理もないけど、どうか今後の朋ちゃんの人生が、できるだけ穏やかかつ幸せなものでありますように……。
 そして朋ちゃん、もしこのコラムを読んだら、一度「TK GROOVE」に遊びに来て! みんな、大歓ゲイ(←ベタすぎ)だよ!

【エスムラルダ:プロフィール】
えすむらるだ…1972年生まれ。94年よりドラァグクイーンとしての活動を開始し、各種イベント、メディア等に出演。2002年、東京都の『ヘブンアーティスト』ライセンスを取得。脚本家・ライターとしても活躍している。
twitter:@esmralda001

エスムラルダ

連載バックナンバー(最新10件)はこちら →
http://bit.ly/1KS18O2
(コピペして検索窓に)

イメージ画像:ALL TIME SINGLES BEST 通常盤 /華原朋美(ユニバーサルミュージック)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13200765/





  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事


おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 








募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 山口明 杉作J太郎 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 新日本プロレス 童貞 アイドル 美しさ勉強講座 フジテレビ 韓国 中国 オススメ 枡野浩一 ダイエット NHK ウンザリ
Powered by Vivvo CMS v4.6