Home > 芸能・エンタメ

スマホ表示はこちら



【PR】掲載数2800誌以上の取り扱いを誇る『雑誌のオンライン書店Fujisan.co.jp』!多くは送料無料、さらに最大70%割引と大変お得です!

月イチ連載・各隔週月曜

瀬名あゆむのアイドル革命!

南にこの千葉からアイドル革命

隔週火曜

鈴木詩子の帰ってきて 吉澤ひとみ

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

美しさ勉強講座

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.42
    実話BUNKA超タブーVol.42

    コンビニ・書店で2/4発売 通常毎月1日ごろ発売 600円(税込) 

    前澤友作ブラックな「金脈」と「人脈」/世間の感覚からズレまくったハダカの王様 松本人志が痛々しい/フランスで起訴JOC竹田会長が恥さらし そもそも金券まみれの薄汚い大会2億のはしたカネで東京五輪買って何が悪い/副作用の危険がある風邪薬実名リスト/貧乏人のための生活保護受給カンタン入門/厚労省発表書類送検されたブラック企業12社めぐり/ドラマ通が崇めるクドカン作品全部つまらない/「まんぷく」では絶対描かれない異物混入揉み消しマニュアル/ヤレる女子大生について女子が激論 ほか

    杉作J太郎「熱盛サウナおやじの伝言」コラム連載中!
    吉田豪「人間コク宝」美勇士インタビュー 他では読めない濃厚すぎるヤバイ話題!

  • 実話BUNKAタブー 2019年4月号
    実話BUNKAタブー4月号

    2/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 550円(税込)

    嵐の活動休止 櫻井翔とタッキーの不仲が本当の原因だった/「糖質ゼロ」「脂肪ゼロ」「カロリーゼロ」にご用心 食べてはいけない健康食品実名リスト/平成援交ヒストリー/大手回転寿司一ばんまずい店は?/ロゴパクリ問題のティラミス店「HERO'S」の店員に働いていて恥ずかしくないのか訊いてみた/読売巨人軍伝統の下半身スキャンダル/日韓関係の裏事情 ここまでこじれてしまった原因を徹底解説/沖縄米軍基地問題県民投票の意味は?/ハウステンボス超絶ブラック実態/キモオタからの搾取で成り立つアイドルという歪んだビジネス/本気でアニメキャラに恋している人の生態/無修正動画傑作10選/人権派格闘漫画テコンダー朴 ほか
    ●新連載第5回!2/16発売号は故・岡留安則で話題の噂の眞相がテーマ。『ロマン優光の好かれない力』は実話BUNKAタブー本誌で!

グラビアギャラリー
【コアな視点で知の可能性を探求する同時代人のための新書シリーズ・コア新書】

少年ジャンプが1000円になる日~出版不況とWeb漫画の台頭~/大坪ケムタ
↑漫画アプリはどうやって収益をあげているの?/各社Web漫画サイトのヒット戦略は?/出版不況本当はどれくらいヤバいの?
SNSは権力に忠実なバカだらけ/ロマン優光
↑これは百田尚樹へのラブレターである!
覚醒剤と妄想-ASKAの見た悪夢ー/石丸元章
↑本書はASKAへの応援歌である
文学としてのドラゴンクエスト 日本とドラクエの30年史/さやわか
春樹より深いドラクエの世界 ↑荻上チキ・Session-22(TBSラジオ)で特集!
暗黒ディズニー入門/高橋ヨシキ
愛と感動…だけじゃない! ↑ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル(TBSラジオ)で特集!
(Link to Amazon)
芸能・エンタメ 2014.10.08(水)

「お松バブル」に思う:“ホラー系ドラァグクイーン”エスムラルダ連載19

 


エスムラルダの「勝手にワイドショー!」

連載第19回:エスム「お松バブル」に思う

 ほとんどメディアに姿を見せていないにもかかわらず、「『ありのままで』が海外が絶賛されている!」だの「ドラマ『HERO』の続編に、結局出演しなかった!」だの「紅白で『ありのままで』を歌う可能性が濃厚に!」だの、今年、やたらと話題になりまくっている松たか子(以下、お松)。
 この降って湧いたような「お松バブル」を複雑な思いで眺めている人は、きっとアタシだけじゃないはず……。

 アタシが初めてお松を観たのは、1994年の大河ドラマ『花の乱』(NHK)。この時お松は17歳で、ヒロイン・日野富子の娘時代を演じていたの。ちなみに、富子の夫・足利義政の青年時代を演じていたのは、市川新之助(現・海老蔵)。当時の海老蔵は、線の細い目のさめるような美青年で、アタシはすっかり夢中に。一方でお松のことは(松本幸四郎の娘だとは知らず)「なんでこんな大してかわいくも美しくもない娘がヒロインに起用されたのかしら」「顔立ちが古くさくて大河向きなのかしら」と疑問に思っていたわ。

 以後、お松は民放のドラマにも次々に出演するようになり、「美人女優」と呼ばれるようになったんだけど、アタシはずっと、その扱われ方に疑問を抱いていたの。「そりゃ、梨園出身の女優(お姉さんの松本紀保とか寺島しのぶとか?)の中では綺麗な方だけど、それほど『美人』かしら?」って。なんかこう、幸四郎の威光を恐れる芸能界やメディアが、一生懸命「松たか子=美人」説をごり押ししているような気がしてならなかったのよ。

 ところが! そんなアタシが、ある出来事を境に、考えを改めることになったの。
 あれは数年前の夏……。新宿にあるアタシの行きつけの店が、お松が出演する映画のロケで使われ、アタシや友人たちもエキストラ(バーの客の役)で出ることになったのね。で、アタシたち、バーの後ろの(入口が見えない)席でスタンバっていたんだけど……。しばらくして、ドアが開く気配がしたと思ったら、えらくまばゆい光が入ってきたのよ! 「な、なんだ? この見たこともない光は」と恐れおののいていたら(大げさ)、お松が悠然と店の中に……。生まれてはじめて「女優オーラ」というものを目の当たりにして、アタシ、「ああ、やっぱりこの人、すごいものを持っているんだ」と納得せざるをえなかったわ。完全なる敗北……(って、なんの勝負だ)。

 それ以来、「容姿についても演技力についても歌唱力についても、やっぱりちょっと、評価がかさ上げされてる……気がする」と思ったり、「お松が出ていれば、もっと『HERO』の視聴率がとれたはず」「人々はみな、May J.ではなく、お松の『ありのままで』を望んでいる」といった最近の風潮に「そこまでお松って偉大かしら」と違和感を覚えたりしつつも、どうしてもお松のことが嫌いになれないアタシ(単純)。もし今年の紅白に『アナ雪』コーナーがあるなら、やっぱりお松にも出てほしいわ!
 ただ、人々の期待があまりにも高まりすぎていて、「紅白を境に、バブルが弾けるんじゃないか」と、他人事ながら少し心配。どうか、サントラと比べてそん色ない歌声を聴かせてくれますように……。

【エスムラルダ:プロフィール】
えすむらるだ…1972年生まれ。94年よりドラァグクイーンとしての活動を開始し、各種イベント、メディア等に出演。2002年、東京都の『ヘブンアーティスト』ライセンスを取得。脚本家・ライターとしても活躍している。
twitter:@esmralda001

連載バックナンバー(最新10件)はこちら








  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

    MONTHLY RANKING



     


関連記事


おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 






募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 美しさ勉強講座 山口明 新日本プロレス ロコドル ローカルアイドル アイドル 童貞 瀬名あゆむ フジテレビ 韓国 中国 ダイエット 枡野浩一
Powered by Vivvo CMS v4.6