Home > 芸能・エンタメ

スマホ表示はこちら

月イチ連載・各隔週月曜

瀬名あゆむのアイドル革命!

南にこの千葉からアイドル革命

隔週火曜

鈴木詩子の痩せる飯

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

美しさ勉強講座

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.33
    実話BUNKA超タブーVol.33

    コンビニ・書店で5/1発売 通常毎月1日発売 550円

    オフィス北野は"たけし利権”のため"芸能界のドン"が作らせた!? ビートたけし独立騒動の真相/ニッポン売春の歴史/電通とアディダス暗躍でハリルホジッチ解任 日本サッカー界の闇/大谷翔平と国産メジャーリーガーアメリカで罵詈雑言だらけの現実/嘘つき総理安倍晋三 嘘まみれの半生/ラーメン二郎もっとも無愛想な店は?/情報バカを喰い物にする健康保険業界の裏/環境汚染大国韓国/首都圏民度低い路線/芸能人オ◯ペット番付/山健組総帥の座に… ほか

  • 実話BUNKAタブー 2018年7月号
    実話BUNKAタブー7月号

    5/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 480円

    TOKIO山口メンバー(元)女子高生淫行事件で激震 ジャニーズ帝国崩壊の真相/板門店宣言は韓国の無条件降伏だった/仲良くもないジジババに貴重な時間を奪われる町内会という地獄/韓国版ネトウヨ「クッポン」の醜悪差別っぷり/自衛隊にまつわる最低エピソード集/アラーキーのセクハラなんて生ぬるいエ□本業界の驚愕ハラスメント/事務所を独立した芸能人勝ち組負け組/OL座談会「わたしたちが絶対に◯◯◯したくない男」/世界の銃乱射事件大全 ほか

    ●当サイト連載杉作J太狼XE×ロマン優光の社会時評連載中! 今月のテーマは崎陽軒の弁当だけで3ページ! 必見!

グラビアギャラリー
芸能・エンタメ 2014.09.30(火)

前編:犯罪界の唯一神と呼ばれていた男、田代まさし伝説!

 


シャネルズ後は志村けんの良き相棒だった

 一般企業では犯罪をおかして逮捕されてしまえば、ほぼ確実に会社をクビになる。しかし芸能界なら半年ほどの謹慎で現場復帰できる場合がほとんどだ。その点では芸能界は非常に甘い世界といえる。
 そんな芸能界にあって、人気者であり知名度も抜群だったのに、許されなくなってしまったのが田代まさしだ。どんな分野にも「神」と呼ばれる達人が存在するが、田代まさしは芸能人犯罪者業界の現人神(あらひとがみ)かもしれない。
 田代神の伝説は「ミニにタコ」の奇跡から始まる。
 1980年代、田代はコーラスグループ「シャネルズ」のメンバーとして活躍した。1986年頃からは、志村けんにお笑いの才能を見いだされ、志村のテレビ番組にレギュラー出演。『志村けんのバカ殿様』『志村けんのだいじょうぶだぁ』 などで、主役で「ボケ」の志村に「ツッコミ」として絡む、志村の次に重要な役を見事にこなした。
『ダウンタウンDX』などのトーク番組にも定期的に出演。トーク中に小道具やダジャレを駆使する、独特のスタイルで人気となった。当時はレースクイーンやヌードモデルなど、セクシー系からテレビに進出した女性タレントが多かった。そういったセクシー系タレントからも田代はモテモテで、肉体関係を持っていたと複数の芸能人が証言している。

田代まさしの勘違いだった「ミニにタコ」

 金、地位、人気、女性。あらあゆるものを手に入れていた田代。しかし2000年9月、電車内で女子高生のスカートの中を撮影しようとしたとして、東京都迷惑禁止条例違反で書類送検されてしまう。セクシー系タレントといくらでも関係を持つことができる田代が、なぜ盗撮などする必要があるのか。凡人にはまったく理解ができない。
 事件発覚後、テレビリポーターに「なぜ盗撮をしたのか?」と尋ねられた田代は「『ミニにタコができる』というギャグ動画を作ろうとしていた」と答えた。なぜこんな苦しい言い訳をしたのか、後年、田代は雑誌インタビューで理由を語っている。
 当時の所属事務所は「この事件はギャグにしてしまおう」と田代に伝えていたという。そのため田代は「耳にタコができる」のダジャレで、「ミニにタコ」と答えたというのである。どう考えても、「ギャグにしてしまおう」の意味を取り違えている。おそらく事務所は触れてはいけないタブーにするのではなく、後に過去の失敗談のように取り扱おうという意味で「この事件はギャグにしてしまおう」と言ったはずである。しかし田代は言葉通りギャグにしてしまい、真面目な謝罪会見の場で「ミニにタコ」と言ってしまったのだ。さすがである。
 それでも当時の田代はトップレベルの視聴率タレント。約1年の活動自粛後、志村けん、和田アキ子らの働きかけにより、テレビに復帰する。志村やダウンタウン、ナインティナインの番組に出演し、再びゴールデンタイムのテレビタレントとして活躍していく。だが、神の伝説は、まだ始まってもいなかった。

(文・編集部)

オススメ書籍:自爆―THE JUDGEMENT DAY(ケイツー出版販売)田代まさし・著







  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事

吉田豪最新刊!


▲売れてます!ロマン優光最新刊

全国書店・ネット書店で発売中!


おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 山口明 新日本プロレス 美しさ勉強講座 童貞 アイドル フジテレビ ロコドル ローカルアイドル 瀬名あゆむ 韓国 中国 オススメ 枡野浩一
Powered by Vivvo CMS v4.6