Home > 食・グルメ
最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.23
    実話BUNKA超タブーVol.24

    加計学園汚れた正体/日本を侵食する韓国/人が死にやすい都道府県/地方都市が絶望的/ピスケン&石丸元章が潜入芸能人経営の店 ほか

    コンビニ・書店で8/1発売 通常毎月1日発売 550円

  • 実話BUNKAタブー 2017年10月号
    実話BUNKAタブー

    10月号 蓮舫や白鳳バッシングで日本人の醜悪さここに極まれり 日本は外国人差別が当たり前の国/災害リスクが高い都道府県/ペット業界の闇/2017年の流行りモノが全部残念/まずい冷やし中華 8/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 450円

グラビアギャラリー
食・グルメ 2016.01.20(水)

衝撃! 高田馬場の誰も知らない糀(こうじ)エナジードリンク専門自販機【終了】


糀エナジードリンクがいつでも買える街・高田馬場

東京・高田馬場の「マルコメ」東京本部には、糀(こうじ)エナジードリンク「hacco」(ハッコ)の自動販売機があり、ほぼ常時買うことができるようになっているのをご存知だろうか。というか、誰も知らないかもしれない。糀エナジードリンクというのもかなりマニアックだが、発売元のマルコメは今後2月には世界初「カワイイ味噌汁 原宿味」を出したりする予定と、ここのところかなり女性に寄せてきている。

「ロックを聴かせたみそ汁」や「トムヤンクン風みそ汁」などマルコメはいったいどうしてしまったのか、という展開もしているのだが、最近「プラス糀」関連製品を筆頭に、糀製品の売上がずっと好調なこともあり、女性向け商品を中心に挑戦的な展開をしているのだともいわれている。
 しかし「西武新宿線高田馬場駅・戸山口」向かい付近にあるマルコメ社屋まで行って、糀エナジードリンクを買うという人はどのくらいいるのだろうか…。高田馬場駅というと、乗降数が世界第10位とも言われる駅で、大学や専門学校で人が多いというイメージがあるが、一方ここはマイナーな出口で、駅ビルのビッグボックス真裏の裏通り、レンタカー店くらいしかないような所で、夜も暗い。正直、筆者以外に気がついている人が何人いるか…。と思ったら個人ブログを参照すると知ってる人はわずかにおり、2014年頃からこの自販機、ここにあるらしい。マルコメはこの製品の普及を諦めていないということが伺える。執念の自販機なのだろうか。
 このエナジードリンクをあえて買って飲んでみると「hacco」は女性をターゲットにしているだけあって、エナジードリンクのイメージのキツイ感じはなくやさしい口当たり。微炭酸にグレープフルーツがほんのりといった感じで飲みやすいのだが、しっかり塩糀も含まれている(はっきりとはわからないが原材料名には入っている)。そして意外と美味しい。マニアックなドリンクが好きなアナタ、もしかするとマルコメ製品を多く展開しているスーパー辺りでは手に入るかもしれないが、やはりここは高田馬場まで来て、「マルコメ」東京本部の自販機で買ってみてはいかがだろうか。

※現在は別の商品の自販機となっている。2016.08現在

(文・編集部I)





  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事


おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 








募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 山口明 杉作J太郎 童貞 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 新日本プロレス アイドル フジテレビ 美しさ勉強講座 韓国 中国 オススメ 枡野浩一 ダイエット NHK ウンザリ
Powered by Vivvo CMS v4.6