Home > 食・グルメ
最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.22
    実話BUNKA超タブーVol.22

    ソフトバンクの正体/北朝鮮大研究/読売新聞は安倍政権の主張垂れ流す広報誌/現地ルポ韓国大統領選の狂乱醜態ほか

    コンビニ・書店で6/1発売 毎月1日発売 550円

  • 実話BUNKAタブー 2017年8月号
    実話BUNKAタブー

    8月号 痴漢冤罪から逃れる方法/長谷川豊が語るフジテレビ凋落本当の理由/韓国人の逆ギレ思考法中国人の自己中思考法 6/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 450円

グラビアギャラリー
食・グルメ 2015.10.13(火)

裏マカオ土産「マッチョ男が微笑むナゾの食べ物」がおすすめ


隠れたマカオ土産はフェリーターミナルの24時間売店で

 いまや世界最大のカジノといえば、アメリカのラスベガスでもなく香港のとなりにあるマカオが正解だが、マカオへ行ったらなにをお土産にすべきか? マカオいちの銘菓ならぬ迷菓? ともいえる特殊土産、「美神精」と読めるナゾのお菓子がおすすめだ。

 この箱、あけるとビニールに包まれた見た目には黒っぽい何か動物が排泄したようにも見える固形物が入っているのだが、れっきとした食べ物で、パッケージにも「デリシャスジンジャー」とあるように、いわゆる生姜をドライフルーツ風に加工したもの(らしい)。食べられることは食べられるのだが、前述の見た目からかなり勇気がいる上に、食感もべっちょり、味も独特すぎて、日本人にはなじみがない風味。複数個食べるのにもかなり抵抗が…。

 名前も実は生姜ということで、商品名も正しくは「美神精」ではなく右から「精神羌」と読むのだとか(美と読めるものは、本当は「羌」の文字。だが正しくは左の日本語の文字は「、」が欠けている)。

 マカオでの裏土産の定番のこのお菓子はどこで買えるかというと、香港行きのフェリーターミナルで最後にマカオパタカ(マカオでしか通用しない通貨)を使い切るのによく使われる、ターミナル中間階にある24時間営業のお土産店で10個パックで買えるので、ぜひカジノでマカオに行った際は怖いもの見たさで買ってみるといい。知人へお土産に渡すと絶対に嫌われること請け合い。生姜マニアはもしかしたら喜ぶかもしれないが…。

(文/写真・KUS OBUKUKURO) 





  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事



おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 








募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 TERAMAGAZINE 瀬名あゆむ アイドル ロマン優光 TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想 山口明 ローカルアイドル ロコドル 童貞 杉作J太郎 鋭すぎる競馬予想 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 新日本プロレス フジテレビ 韓国 中国
Powered by Vivvo CMS v4.6