Home > 食・グルメ
最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.18
    実話BUNKA超タブーVol.18

    【月刊化】歴史的賄賂大国韓国の実態/講談社漫画編集部呆れた内情/トヨタブラックな歴史

    コンビニ・書店で2/1発売 530円

  • 実話BUNKAタブー 2017年4月号
    実話BUNKAタブー

    4月号 住みたくない都道府県ランキング/嵐スキャンダルの歴史/ロマン優光×杉作J太郎社会時評・長谷川豊コラム【新連載】 2/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 450円

グラビアギャラリー
食・グルメ 2015.10.01(木)

インドの人気スナック菓子「ハルディラム」で口の中だけインド旅行気分に


激ウマから激辛まで東京でも買えるインドスナックを実食!

インド国民12億人から愛されているスナック菓子ブランドHaldiram(ハルディラム)。日本ではあまり知られていないけれど、多国籍街の東京・大久保ではあちこちで売られているのだ。そこで、今回は膨大な種類の中から三種のハルディラムスナックをチョイス、ガンジス川の夕焼けを思いつつボリボリ食ってみた。

まずは赤い袋の「ALOO BHUJIA」(アローブジア)。じゃがいもやひよこ豆などを落花生油で揚げて香辛料で味付けした菓子で、見た目は縮れていないベビースターのよう。なんとなく食べ慣れた味を予感させるが、一口食べてみると意外にも「カレー以外のインド料理」みたいなスパイシー風味。しかもジワジワと辛さが込み上げてくる! これはビールのつまみ向きかも。

お次は緑の袋の「MOONG DAL」(ムングダール)。緑豆をパーム油で揚げたスナックで、見た目は小さめのポン菓子風。「これも辛いのかな…」なんて思いつつポリポリ食べてみたら…あ、これ美味い! 噛んでいるうちに豆の香ばしい風味が押し寄せてきて、枝豆が好きな日本人にはピッタリ。これはお子さんでも安心して食べられる味。

最後は紫の袋の「KASHMIRI DALMOTH」(カシミールダルモット)。これはいろんなスナックのミックスタイプ。カシューナッツも入っていてお得な感じがしたのだが、食べてみるとミックスされすぎてよくわからない味かも。これはハルディラム上級者向け。

他にもいろいろある上にお値段も190~250円とキリの悪い中途半端なお手頃価格なので、ぜひ見かけたら挑戦してみてほしい。 とりあえず緑のムングダールはマジおすすめ! 

(文・大久保かぶき)

(編集部注:ちなみに、東京にもインドにも行く可能性がないという人は、ネットの大手通販サイトで「ハルディラム」と検索すると入手可能です)





  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事
▼3月3日発売!予約を!

暗黒ディズニー入門 (コア新書)

新品価格
¥950から
(2017/2/23 21:56時点)




おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加





ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 


 













募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ TERAMAGAZINE 鈴木詩子 アイドル TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想 瀬名あゆむ ロマン優光 山口明 童貞 鋭すぎる競馬予想 ローカルアイドル 杉作J太郎 ロコドル 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 フジテレビ 新日本プロレス 中国 オススメ
Powered by Vivvo CMS v4.6