Home > 食・グルメ
最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.18
    実話BUNKA超タブーVol.18

    【月刊化】歴史的賄賂大国韓国の実態/講談社漫画編集部呆れた内情/トヨタブラックな歴史

    コンビニ・書店で2/1発売 530円

  • 実話BUNKAタブー 2017年4月号
    実話BUNKAタブー

    4月号 住みたくない都道府県ランキング/嵐スキャンダルの歴史/ロマン優光×杉作J太郎社会時評・長谷川豊コラム【新連載】 2/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 450円

グラビアギャラリー
食・グルメ 2015.03.02(月)

山頂で飲むコーヒーがおいしい科学的な理由


味の秘訣は抽出温度にあった!

 登山者の楽しみの1つに山頂での食事がある。「山頂で飲むコーヒーは格別だ」などは登山者からよく聞かれる言葉だ。
 登山をしない者からしてみれば、気分的な問題以外の何物でもないと思ってしまう。しかし、そこには山ならではの科学的な理由があったのだ。
 山や上空など、標高の高い場所へ行くほど気圧は低くなり、水が沸騰する沸点も低くなる。だいたい標高が300メートル上がるごとに沸点は1度ずつ下がっていく。
 もうお気づきかと思うが、この下がった沸点がコーヒーの抽出温度に適しているのだ。一般的に90度前後のお湯でドリップすると美味しく入れられると言われている。これは温度が高すぎると苦味や雑味も多く抽出されてしまうためだ。登山者に人気の山の標高は2000メートル程度が多く、山頂の沸点は約93度。温度を意識せずに沸騰したお湯をそのまま注いでも、適した温度で抽出ができてしまうのだ。
 というように、山頂で飲むコーヒーが美味しい理由を述べたわけだが、登山者にとってはやはり「山で飲むから」というのが全てだろう。山頂コーヒー愛好家に対して「山頂では沸点が~」とか「抽出温度が~」とか言っても無粋なので、「山頂のコーヒーはひと味違うんだよ」と言われたら、「素敵だね」と返しておこう。

(文・編集部)

オススメCD:COFFEE BREAK JAZZ PREMIUM BLEND(ユニバーサルミュージック)
http://books.rakuten.co.jp/rb/12324725/





  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事
▼3月3日発売!予約を!

暗黒ディズニー入門 (コア新書)

新品価格
¥950から
(2017/2/23 21:56時点)




おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加





ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 


 













募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ TERAMAGAZINE 鈴木詩子 アイドル TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想 瀬名あゆむ ロマン優光 山口明 童貞 鋭すぎる競馬予想 ローカルアイドル 杉作J太郎 ロコドル 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 フジテレビ 新日本プロレス 中国 オススメ
Powered by Vivvo CMS v4.6