Home > 食・グルメ
最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.22
    実話BUNKA超タブーVol.22

    ソフトバンクの正体/北朝鮮大研究/読売新聞は安倍政権の主張垂れ流す広報誌/現地ルポ韓国大統領選の狂乱醜態ほか

    コンビニ・書店で6/1発売 毎月1日発売 550円

  • 実話BUNKAタブー 2017年8月号
    実話BUNKAタブー

    8月号 痴漢冤罪から逃れる方法/長谷川豊が語るフジテレビ凋落本当の理由/韓国人の逆ギレ思考法中国人の自己中思考法 6/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 450円

グラビアギャラリー
食・グルメ 2014.10.27(月)

日本に寄せてない味がガツンとくる!あの有名ラーメン店「べんてん」跡近くにミャンマー油そば屋「ババミャンマーヌードル」が開店


高田馬場に迎合せずミャンマー風味を貫く麺の店

 高田馬場駅前から徒歩5分。駅前を新宿区の戸塚特別出張所へ進み、そのすぐ前にある神田川の手前を川沿いに歩くと、ラーメンの名店・「べんてん」(現在閉店)の跡地があるが、その数軒先に最近、ミャンマー人が作る「油そば」と「チェーオー(ミャンマーの汁麺)」をメインとした『ババ ミャンマー ヌードル』が開店したので紹介しよう。

 すでに高田馬場にはミャンマー人が日本の店で修行し出店した油そば店「油そば 力」があるが、そちらは以前紹介したが、とても美味しいがやや日本人にも寄せている味。

 こちらの『ババ ミャンマー ヌードル』は全然日本に寄せてない、どちらかといえばミャンマーそのまんまの感じで、高田馬場がアジアであることを再確認できる良い意味で雑な感じに衝撃を受けた。

同店の売りは「チキンチェーオー」などあっさりとした汁麺なのだが、「油そば」がスゴイ。メニュー上は「あぶらそば」「蒸し鶏あぶらそば」などいくつかバリエーションはあるが、日本の油そばと概念からして違うワイルドな味付けだ。一緒についてくるものをいつ投入したらいいのかも迷うし(しかも入れると甘い)、どうしたらいいのかわからないのだ。

 ガツガツと食べるとアジアっぽい油感があとを引くような感じ。といっても食べられないわけじゃあない。むしろ屋台にいるような感じで楽しめるか。ミャンマーの仲間の人たちもよく居るので、時間帯によってはここが高田馬場かどうかすらよくわからなくなってくるぞ。同店は以前は「えんむすび」という弁当やおにぎりのお店だったが、高田馬場だから麺で勝負してみたい、とリニューアルしてミャンマー麺のお店となったようだ。

 見た目は同じでも味が全然違う。びっくりしたの一言。営業時間も長いので、アジア・エスニック好きで興味のある人は体験してみては。

店名:「えんむすび ババミャンマーヌードル」

場所:東京都豊島区高田3-10-24(高田馬場駅下車徒歩5分。早稲田通りからくる場合【別ルート】は、高田馬場駅・早稲田口から右方向に歩き、2-3分後に左手に現れるTSUTAYAの右脇を入ってまっすぐ、川の手前)

営業時間 11:00-23:00(開店時情報 ※変更されている場合はご容赦ください)
食券制 年中無休

(文・編集部I)

※元「べんてん」と同じ区画でしたので、案内訂正しました。

 





  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事



おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 








募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 TERAMAGAZINE 瀬名あゆむ アイドル ロマン優光 TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想 山口明 ローカルアイドル ロコドル 童貞 杉作J太郎 鋭すぎる競馬予想 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 新日本プロレス フジテレビ 韓国 中国
Powered by Vivvo CMS v4.6