Home > 食・グルメ

スマホ表示はこちら



【PR】掲載数2800誌以上の取り扱いを誇る『雑誌のオンライン書店Fujisan.co.jp』!多くは送料無料、さらに最大70%割引と大変お得です!

月イチ連載・各隔週月曜

瀬名あゆむのアイドル革命!

南にこの千葉からアイドル革命

隔週火曜

鈴木詩子の帰ってきて 吉澤ひとみ

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

美しさ勉強講座

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.43
    実話BUNKA超タブーVol.43

    コンビニ・書店で3/4発売 通常毎月1日ごろ発売 600円(税込) 

    身内の不幸で無駄金払うのはアホすぎる 親が死んだときの得する手続き/レオパレス内見に行って欠陥住宅貸してた人に内情を聞いてみた/ぼったくり不動産屋の見抜き方 消臭代ぼったくるのは爆発したアパマンだけじゃない/ティラミスHERO'Sだけじゃない 恥知らずパクリ飲食店/韓国議長の天皇謝罪要求 新天皇即位の礼潰しだった/握手は社会の害悪/ゴーンがどのくらい悪いか知らないがすべての日産車は魅力なしのダメ車/沖縄県民投票言質ルポ/ダ埼玉より圧倒的にダサくて格下 ほか

    杉作J太郎「熱盛サウナおやじの伝言」コラム連載中!
    吉田豪「人間コク宝」香山リカインタビュー 他では読めない濃厚すぎるヤバイ話題!

  • 実話BUNKAタブー 2019年4月号
    実話BUNKAタブー4月号

    2/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 550円(税込)

    嵐の活動休止 櫻井翔とタッキーの不仲が本当の原因だった/「糖質ゼロ」「脂肪ゼロ」「カロリーゼロ」にご用心 食べてはいけない健康食品実名リスト/平成援交ヒストリー/大手回転寿司一ばんまずい店は?/ロゴパクリ問題のティラミス店「HERO'S」の店員に働いていて恥ずかしくないのか訊いてみた/読売巨人軍伝統の下半身スキャンダル/日韓関係の裏事情 ここまでこじれてしまった原因を徹底解説/沖縄米軍基地問題県民投票の意味は?/ハウステンボス超絶ブラック実態/キモオタからの搾取で成り立つアイドルという歪んだビジネス/本気でアニメキャラに恋している人の生態/無修正動画傑作10選/人権派格闘漫画テコンダー朴 ほか
    ●新連載第5回!2/16発売号は故・岡留安則で話題の噂の眞相がテーマ。『ロマン優光の好かれない力』は実話BUNKAタブー本誌で!

グラビアギャラリー
【コアな視点で知の可能性を探求する同時代人のための新書シリーズ・コア新書】

少年ジャンプが1000円になる日~出版不況とWeb漫画の台頭~/大坪ケムタ
↑漫画アプリはどうやって収益をあげているの?/各社Web漫画サイトのヒット戦略は?/出版不況本当はどれくらいヤバいの?
SNSは権力に忠実なバカだらけ/ロマン優光
↑これは百田尚樹へのラブレターである!
覚醒剤と妄想-ASKAの見た悪夢ー/石丸元章
↑本書はASKAへの応援歌である
文学としてのドラゴンクエスト 日本とドラクエの30年史/さやわか
春樹より深いドラクエの世界 ↑荻上チキ・Session-22(TBSラジオ)で特集!
暗黒ディズニー入門/高橋ヨシキ
愛と感動…だけじゃない! ↑ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル(TBSラジオ)で特集!
(Link to Amazon)
食・グルメ 2014.05.01(木)

ミャンマー人が日本の食文化を修行したお店、今なぜか東京に増殖中!

 


「油そば」から「焼肉」まで

ミャンマー連邦共和国とはタイ、ラオス、インド、バングラデシュに囲まれた国家。人口は約5000万人。1989年までは「ビルマ」と呼ばれていた。あまりよく知らない人でも、同国で民主化運動をつとめ、かつては長期に渡って軟禁されていた「アウンサンスーチー」さんの名前くらいは知っているだろう。

 最近はミャンマーも平和になり日本との間に定期便が就航するほどだが、かつての軍事政権だった時代、迫害を恐れて難民となったミャンマーの人たち(難民認定を受けている)は今も東京・高田馬場に集住している。そのためこの街にはミャンマー人にとって便利な食材店から飲食店、美容室など様々なものが揃っているのだ。彼らが集住するのに高田馬場を選ぶのは主にここが学生街で交通が便利で家賃が安く、新宿区全般に外国人の入れる物件が多く、また先に来日している知り合いも多かったということからだ。街には文化交流の場、ミャンマーカルチャーセンターもある。もともと高田馬場はタイやカンボジア、アフリカ料理などエスニック系の飲食店が多い街だったので、ミャンマー文化も違和感なく受け入れられてきたのだろう。

 さてそんな彼らの中でも日本に定住していくにあたり飲食店修行をして、ミャンマーのローカルフーズ以外で勝負しようという人が出てきている。

 高田馬場駅徒歩4分の地にある『油そば 力』は、西友のすぐ近く。昔ラーメン二郎高田馬場店(初代)のあった物件の隣といえば、二郎フリークならわかるだろうか。ここは塩、しょうゆ、辛味噌の3種類ある油そば(720-750円)がイケており、筆者が店に入る直前にも「これ上本町(大阪市内)にあったら通うわ―」と関西人が話しながら出てくるくらいの「お墨付きの味」なのだが、実は日本のお店で修行したミャンマー人が運営している。目立たないメニューとして置かれているミャンマー風油ビーフン・汁ビーフンも「どうにか日本人に受け入れられる現地の味」を試行錯誤して出した名品(850円)。価格が高めに見えるが、中の具材の豊かさを見れば納得できる。いまはBS12の「アジアぷらぷら」で訪れた高田純次のサインだけが目立つが、これから他のメディアにも紹介されるであろうことは断言できる。

 また高田馬場からほど近い新大久保駅から徒歩8分の東新宿駅付近にもミャンマー人が日本の焼肉店で長期に渡って修行し開店したお店といわれる『焼肉おかやま』がある。ここは大衆店だが肉がとにかく安くて、といっても日本の激安チェーンのようなペナッペナなしぼんだ肉ではなく、及第点のものを出してくるのだ。

 どちらも美味しくてオススメなのだが、ミャンマー人にはやむにやまれず日本に定住したこともあってか基本的に勤勉な人が多い。また食材や調味料に日本で見慣れないものを利用したりの工夫もあるので、味がいいのは当たり前といえば当たり前なのだ。昨今日本人が外国で日本料理(寿司など)の独自解釈を心配し指導を入れているが、そんな保守的なことをしている間に、2020年には「日本で日本料理を作る外国人」のほうが飲食業界を席捲するかもしれない。

(文・編集部I)








  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

    MONTHLY RANKING



     


関連記事


おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 






募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 美しさ勉強講座 新日本プロレス 山口明 ロコドル ローカルアイドル アイドル 瀬名あゆむ 童貞 フジテレビ 韓国 中国 ダイエット 枡野浩一
Powered by Vivvo CMS v4.6