瀬名あゆむさんの連載、10/16、10/23更新分は都合によりお休みします。
Home > 食・グルメ

スマホ表示はこちら


||||日替わり連載陣||||

毎週月曜

瀬名あゆむのAV vs アイドル

隔週火曜

新日最強通信

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

美しさ勉強講座

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.26
    実話BUNKA超タブーVol.26

    ソフトバンクと孫正義「絶望的にダメなところ」/金正恩デブ独裁者のすべて/「加藤浩次」スッキリじゃない正体/大成建設ブラック実態/加齢対策入門 ほか

    コンビニ・書店で10/2発売 通常毎月1日発売 550円

  • 実話BUNKAタブー 2017年12月号
    実話BUNKAタブー12月号

    どうする小池!? 総選挙後の政界大予測/北朝鮮巡る中国とロシア真の狙い/3つの山口組トップその知られざる人となり/安室奈美恵100億円荒稼ぎ引退集金プロジェクト/三菱電機新入社員パワハラ自殺の真相/小池百合子ドス黒い思惑/AV真っ青保護者会&PTA/日本の基幹産業クルマ業界崩壊/不倫女ランキング/トリキまずいメニュー ほか 10/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 450円

グラビアギャラリー
まんが不幸な人

 

実録悪い人DX

 

関わったら負け!!地雷ニンゲン地獄変

 

実話マッドアックス

 

まんがどうかしている悪人たち壊れてる人

 

まんがこれが現実 貧しい日本


食・グルメ 2014.02.03(月)

シャケ弁廃止へ! 日本では曖昧なサケとマスの区別

 


食材の正しい表示は嬉しいけれど…

 昨年大騒ぎになり、国会においても取り沙汰された食品偽装問題。使用していない高級食材をメニューには記載し、一部の老舗レストランやホテルが全面的に謝罪するハメになったことは記憶に新しい。これを受け、消費者庁が適正食材表示についてのガイドラインを作成するため昨年12月より議論を重ねている。しかし…このガイドラインが業界的には納得しがたいものらしい。

 消費者庁としては消費者団体の突き上げや主張によって「正確な名称、誰もが納得できる正しい表示をするべき」として進めようとしている。例えば……
●パック入りのジュースを「搾りたてフレッシュジュース」と表示不可。搾りたてではないのだから。ちなみに「フレッシュ」はギリギリOK。
●加工したプレス肉を「ステーキ」と表示するな。1枚肉を焼いた料理が「ステーキ」。
●ロブスターを「伊勢エビ」と表示するな。もともと異なる種の海老だから。
●冷凍マグロの刺身を「鮮魚」と表示するな。あまつさえ「漁港直送」などと新鮮さを売りにしてはならない。
 と、様々な議論を重ねてガイドライン作りに励んでいる。ここまでは納得できる。

 しかし、今まで慣れ親しんできているお弁当屋の「シャケ弁」を、サケを使用していないから表示不可と言うのは如何だろうか? たしかに「シャケ弁」のサケに主に使われているのは「サーモントラウト(ニジマス)」であり、一般的な「白鮭(シロザケ)」を使用している弁当屋は数少ないだろう。コンビニ弁当やホカ弁では、そのほとんどが「サーモントラウト」であろう。

サーモントラウト弁の違和感

 しかしだ…。日本語においてサケとマスの違いは、実に曖昧な基準なのだ。英語においては「サーモン」「トラウト」に区別されているサケとマスだが、英語圏では「サーモン」は海に下り海洋で生活するものを言い「トラウト」は河川で生活し一生を過ごすものを言う。日本の河川は細く小さく狭いため、河川での生存競争に敗れたものは海に下るのである。ヤマメやアマゴといった陸封されたマス科の魚が、生存するために海に下り大きく育ったものを「サクラマス」と呼ぶ。(岐阜や愛知を流れる長良川では、海に下ったアマゴを「サツキマス」と呼び珍重している)。
 釣りの大会としてはハワイ沖でのマーリンのトローリングに匹敵する世界的な規模を誇り、日本人の釣り自慢たちもこぞって参加するカナダのキングサーモン釣りは有名だが、このキングサーモンも日本名だとマスノスケだ。
 青森県の十和田湖のヒメマスをご存知の方もいらっしゃるだろうが、このヒメマスが海に下ると紅ザケになる。これだけは海と川とではサケとマスをはっきり区別しているのだ。しかしそれも実に曖昧。他にも缶詰でポピョラーなカラフトマスだが、海で育っているものなのにワザワザ「鱒(マス)」呼ばわりだし。

 だから「シャケ弁」はこのままでいいんじゃないの? もう慣れちゃってるし。表示変更しなくても、怒る人もいない気がしますけどね。
 ちなみに「サーモントラウト」は、英語名だと「レインボートラウト」。河川育ちのニジマスを海で養殖しているものを「サーモントラウト」と呼んでいます。海で育てると個体も大きくなるし、加工しやすい大きさに成長するのでお値段もお手頃なのかも。もちろん品種改良もされている種類だから、ニジマスの原種とは離れてるんでしょう。
 もうひとつ、ちなみにニジマスが海に降りて育ったものはアメリカでは「スティールヘッド」と呼びます。日本では元々、自然界にニジマスがいなかったので海に下ったものを呼ぶ言葉がないようですが……。

(文・旅人世五郎)

オススメ食材:『お弁当サイズの肉厚ふっくら銀鮭切り落し2kg [訳あり](食探七福神)





  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事


おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 








募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 山口明 杉作J太郎 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 新日本プロレス 童貞 アイドル 美しさ勉強講座 フジテレビ 韓国 中国 オススメ 枡野浩一 ダイエット ウンザリ NHK
Powered by Vivvo CMS v4.6