Home > 食・グルメ
最新号
グラビアギャラリー




||||ホントにおトクな情報||||


PR一眼レフカメラ上達講座でちゃんとした写真が撮れる!



食・グルメ 2014.01.17(金)

あなたの知らない衝撃の「唐揚げ」分類を教えます


意外と知らない鶏の唐揚げのヒミツ

 ガブリ! とやれば、パリパリのコロモをかき分けジュワジュワ~っと肉汁がこぼれ落ち、僕らの口と舌を歓喜の渦へ……そんなこんなな、みんな大好きな料理「鶏の唐揚げ」!
 この唐揚げって、けっこう色々な種類があるってこと、皆さんお気づきでしょうか。意外と知らない、唐揚げのあれこれ分類についてお知らせします!

肉の部位

 とりあえずは肉ですね。
 鶏の唐揚げって言うくらいですから、少なくとも鶏肉を使っているということはみなさんご存知かと思います。
 さらには、「軟骨」だの「手羽先」だのとなると、そりゃ当然、鶏肉の部位のことだと分かるに決まっているのですが、これがこと「もも肉」「むね肉」となると、アレ? なんだっけそれ。聞いたことはあるけど、どっちがどうってわかんないなぁという人が多いのではないでしょうか。まずはその差についてお知らせしましょう。

●もも肉:とにかくジューシー。脂が強い。噛むと肉汁がジュワ~ってなる肉。比較的柔らかいけど、外食であまり柔らかすぎるもも肉は調味液が注入されているだなんて怖い話も存在する。

●むね肉:まるでササミ肉。タンパクで、脂が少ない。高温で加熱しすぎるとパッサパサ。肉の繊維が強め。スーパーでは一般的にもも肉の半分くらいの値段で買えるので節約派の味方。

コロモ

 次はコロモについてですが、例えばみなさん、同じ唐揚げでも惣菜屋やスーパーなんかで買いもとめたものは、カリカリっとするというよりはフワフワ&グニグニだったりしませんか?
 あれ、揚げてから時間がたったからふやけちゃって…というだけではないんですよ。そもそもの素材が違うんです。そう、唐揚げのコロモには、以下にあげるように、こんなにも豊かなバリエーションが存在するのです。

●片栗粉だけを使う:カリカリに仕上がる。白く粉を吹くのが特徴で、竜田揚げとも呼ばれる。

●小麦粉だけを使う:片栗粉に比べてしっとり。食欲を誘うキツネ色に仕上がる。湿気や油染みに弱く、完成後、時間経過と共にどんどんシナシナになる。

●片栗粉と小麦粉を混ぜて使う:一般的。上記2つの特徴を併せ持ったバランスの良い仕上がりに。

●小麦粉と玉子を使う:チキン南蛮に用いられる唐揚げはコレ。汁を吸いやすい。天ぷらと同じ作り方。

●片栗粉と玉子を使う:あまりやらないパターンらしい。

●片栗粉と小麦粉と玉子を使う:フワフワでボリューミー。「フリッター」といった風情。

 マメに料理をする人にとっては当然知っていてしかるべしな話なのでしょうが、部位や衣で食感のかわる唐揚げ。いろいろ試してみてはいかがでしょうか。

(文・編集部)

オススメグッズ:『食品サンプル キーホルダー からあげ(中)』(森野サンプル)




あなたにおすすめの記事はこちら


  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事

スマホアプリ「カメリオ」で「ブッチ

NEWS」と入れて最新記事をGET!

「ニューススイート」に配信予定

◎書店で12/2から発売!◎

◎書店で11/2から発売!◎

◎書店で9/30から発売!◎


●ロマン優光著、電子書籍版発売中




おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加





ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 


 












募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

タグクラウド
おすすめ TERAMAGAZINE エスムラルダ 鈴木詩子 アイドル TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想 瀬名あゆむ ロマン優光 山口明 童貞 鋭すぎる競馬予想 フジテレビ 杉作J太郎 中国 新日本プロレス ローカルアイドル オススメ 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 韓国
Powered by Vivvo CMS v4.6