Home > 食・グルメ
最新号
グラビアギャラリー




||||ホントにおトクな情報||||


PR一眼レフカメラ上達講座でちゃんとした写真が撮れる!



食・グルメ 2013.12.20(金)

本当に旨いレトルトカレー食べ比べ【第3回:新宿中村屋 濃厚タンドリーチキン】


箱が厚いぞ! タンドリーチキン

 中村屋の「インドカリーシリーズ」(希望小売価格315円、実勢価格298円程度、特売での底値が250円程度)を食べ比べ、マイ・ベスト・中村屋レトルトカレーを探す旅の第3弾。今回は以下の商品を食べてみます。

「インドカリー 濃厚タンドリーチキン」(新宿中村屋)
内容量:200g
希望小売価格:税込315円
(本体価格 300円)

 グラム数、値段、ともに「ビーフスパイシー」「スパイシーチキン」と同様です。これがこのインドカリーシリーズの標準なんですね。ただこちらの商品は、カレーの外装パッケージである箱が、他のものよりも5ミリ程度分厚いんです。写真は撮り忘れましたけど。これ、ちょっとの差ですけど、かなり流通・在庫管理においてはデメリットとなるに違いありません。
 実際、こちらの商品を東京都内のスーパーで見かける機会は非常に少なく、なんだかレア&プレミアムな雰囲気がぷんぷんです。その分をちょっと商品価格に転嫁しても誰も文句を言わないだろうに、まさかの同値段315円。どうやら中村屋さんは銭に固執しない会社です。信用なります。
 商品パッケージの裏には、「ヨーグルトとスパイスに一晩じっくりと漬け込み、香ばしくグリルした骨付きタンドリーチキンと完熟トマトとバターで濃厚に仕上げたカレーソースが織り成すマイルドでリッチな味わいが特徴です」と書いてあります。 「織り成す」とか良いですね。とても美味そうです。

 

食べてみた

 うん、美味しい。
 バターによるずっしり重めボディの上には、相変わらずのハードボイルドなスパイス。その上を滑りこんでこちらに迫ってくるフレッシュなトマトの酸味。あ、これはヨーグルトの酸味? なんて重層的。あれタンドリーチキン? タンドリーチキンって、このバランス感でいいんだっけ? これが本場のやつ? こんな本気の、体験したことがないよぉ……って、この説明で味が想像つきます? 多分、無理ですよね。
 つまりは、ハンパない外国味だということです。なんというか、インド。しかも、北インドと南インドの合わせ技一本! そこに、トルコが少々って感じです。
どうやって商品開発してるんでしょうね。大豆ばっか食べて育った僕たち日本人が、直感的に「よし! この味でOK。これで行こう!」みたいに決断できないと思うんですよ、こういうタイプの味って。
 さらに当然、我々の目を引くのがゴロリと丸ごと投入された骨付きチキン。そうです。この骨がなければ別に箱を分厚くする必要なんてなかったんでしょうね。ナイスパフォーマンスです。心意気です。
 その肉は非常に柔らかくて骨離れも抜群。ホロホロです。味もしみてます。

 というわけで、そうか、そうだよね。タンドリーチキンだもんねという気持ちを持ちながら食べてもまだ、その斜め上を攻められるほどの外国味でした。
 ちなみに他のものに比べて、そんなに辛い感じはしませんでした。あくまでも比較的ですが。
 ほんと、こういう外国味を気軽な形で提供してくれるってアタマが下がりますよね。レストランに行って食べるのとは比べ物にならないくらいにリーズナブルですし。

(文・N村)

 

中村屋のレトルトカレー「インドカリーシリーズ」
(暫定)美味ランキング
1位 ビーフスパイシー(酸っぱいけどジワジワ美味い)
2位 スパイシーチキン(美味いけど苦い)
3位 濃厚タンドリーチキン(超外国味なんだけどマイルド)

○「【勝手にステマ】新宿中村屋レトルトカレーが美味い」
○「本当に旨いレトルトカレー食べ比べ【第1回:新宿中村屋ビーフスパイシー】」
○「本当に旨いレトルトカレー食べ比べ【第2回:新宿中村屋スパイシーチキン】」

オススメカレー:中村屋 インドカリー濃厚タンドリーチキン200g




あなたにおすすめの記事はこちら


  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事

スマホアプリ「カメリオ」で「ブッチ

NEWS」と入れて最新記事をGET!

「ニューススイート」に配信予定

◎書店で12/2から発売!◎

◎書店で11/2から発売!◎

◎書店で9/30から発売!◎


●ロマン優光著、電子書籍版発売中




おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加





ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 


 












募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

タグクラウド
おすすめ エスムラルダ TERAMAGAZINE 鈴木詩子 アイドル TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想 瀬名あゆむ ロマン優光 山口明 童貞 鋭すぎる競馬予想 フジテレビ 杉作J太郎 中国 新日本プロレス ローカルアイドル オススメ 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 韓国
Powered by Vivvo CMS v4.6